日米中、総裁選による政治空白の裏で“緊迫” 中国機が台湾進入、海自は米空母と訓練 識者「日米の堅固な同盟関係を示した」

海自のイージス艦「きりしま」
海自のイージス艦「きりしま」

 中国が、沖縄や台湾の周辺海域で軍事的圧力を強めている。台湾の国防部は1日、中国軍の戦闘機や爆撃機など25機が台湾の防空識別圏(ADIZ)に進入したと発表した。一方、海上自衛隊は同日、日米が9月18日から約2週間、沖縄南方で共同訓練を実施したと発表した。自民党総裁選(9月17日告示-同29日投開票)で日本の政治空白が懸念されるなか、中国を牽制(けんせい)する狙いもあったのか。

 ◇

 台湾のADIZに進入したのは、中国軍の戦闘機「殲16」18機と、同「スホイ30」4機、爆撃機「轟6」2機、対潜哨戒機「運8」1機だった。9月23日にも戦闘機など24機が進入している。

 沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域でも1日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは18日連続だ。

 中国の軍事的脅威が高まるなか、日米は警戒を強めている。

 海上自衛隊は1日、イージス艦「ちょうかい」「きりしま」を含む護衛艦4隻と、米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」、駆逐艦「チャフィー」、巡洋艦「レイク・シャンプレーン」などが9月18日から10月1日、沖縄南方で防空戦や対潜水艦戦などの共同訓練を実施したと発表した。

 米空母には、最新鋭のステルス戦闘機「F35C」や、海軍仕様の垂直離着陸輸送機「オスプレイ」などが艦載されていた。

 共同訓練の実施時期は、自民党の総裁選の時期とほぼ重なる。総裁選候補の中には、「中国との関係」を指摘された人物もいた。

 日米の動きをどう見るべきか。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「日本国内が政治的に不安定になる時期には、中国の領海侵入、ロシアの領空侵犯、北朝鮮によるミサイル発射などが多発するため、日本も神経をとがらせる。ただ、米空母の参加には準備を要するため、今回は事前に予定されていた訓練だろう。いずれにしても、重要な政治的過渡期に『日米の堅固な同盟関係』を周辺諸国に示すことができたのは、結果的に意義があったのではないか」と分析した。

zakzak

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム