マッチングアプリや風俗まで…“ワクチン特典”続々 接種拡大が経済正常化の推進力となるか 専門家「企業側に個人情報把握されること念頭に」

 3日の新型コロナウイルスの新規感染者は国内で968人と約3カ月半ぶりに1000人を下回った。国民の約6割が2回接種を終えたワクチンが感染減に大きく貢献しているが、今後のリバウンドを防ぐにはさらなる接種の拡大が重要だ。航空会社やホテル、マッチングアプリから風俗店までさまざまな業種が特典を用意している。経済正常化の推進力となるか。

 全日本空輸を傘下に持つANAホールディングス(HD)は2回接種者らを対象に、100組200人に国内線の往復チケットが当たる抽選を始めた。また、11月30日出発分まで、パック旅行費を最大3万円分値引くクーポンを数量限定で配布する。

 日本航空も2回接種者らを対象にした100組200人の国内線往復チケット抽選を始める予定だ。12日から来年3月31日出発分までのパック旅行の特典として、ホテルの部屋のグレードアップや施設利用に使える割引券を発行する。

 ホテルニューオータニ大阪(大阪市中央区)では、11月28日まで館内の飲食店「SATSUKI」で、ローストビーフや人気メニューのビーフカレー、モンブランや特製のパンケーキを楽しめる土日・祝日限定のビュッフェを実施。接種証明を提示することで、スパークリングワインが1杯無料でサービスされる。1回目の接種も対象に含まれる。

 マッチングアプリの「バチェラーデート」は、2回接種し、アプリ経由のデートを1回以上終えたユーザーを対象に特典を付与する。男性ユーザーは月額利用料金から1000円値引きし、女性ユーザーには500円分のアマゾンギフト券などがつく。専用フォームからユーザー名と電話番号、メールアドレスを入力し、2回接種完了を示すシールが張られたワクチン接種券の画像を提出することで特典を受けられるという。

 ITジャーナリストの三上洋氏は「接種券には氏名や住所、生年月日の記入欄があり、その部分も含めて提出を求めるサービスもあるだろう。今の所それが問題になるとは考えにくいが、企業側に個人情報も把握されるものと考えたほうがよさそうだ」とする。

 東京都内のある風俗店では、1回目接種者に2000円、2回目接種者に3000円の割引を行うキャンペーンを実施。別の風俗店では、2回接種者を対象に1万円を割引するキャンペーンも展開されている。ワクチン割引を告知する風俗店のSNSアカウントには「ワクチンには否定的だけど、打ったほうが得ですね」という投稿も寄せられていた。

zakzak

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム