巨人が高卒3年目の松井らに戦力外通告

サンスポ
巨人・大塚副代表
巨人・大塚副代表

巨人は4日、松井義弥内野手(21)、育成の山川和大投手(26)、加藤壮太外野手(23)、田中優大投手(22)、平井快青投手(21)の5選手に来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。

また、谷岡竜平投手(25)、与那原大剛投手(23)、黒田響生内野手(21)、山下航汰外野手(21)、堀田 賢慎投手(20)の育成5選手に自由契約とすることも通告した。育成選手として再契約するとみられる。

2019年ドラフト5位の松井は191センチと長身の左の大砲。福岡・折尾愛真高時代に通算40本塁打を放ち、巨人では松井秀喜氏以来の松井姓だったことから〝ゴジラ2世〟と期待されたが、けがにも苦しみ、3年間で1軍出場はなかった。

巨人・大塚副代表は「(ドラフト後の人数を)62人にしたい」とし、13、14人程度が戦力外、または育成での再契約となる見通しを語っている。