男性力をアップするコミュニケーション術

50歳から始める「若返りアクティブレジャー」 若者向けと思えるスポーツやレジャーでも年齢に合ったスタイルで TikTokやインスタグラムも

「もう新しいこと始める年じゃないから…」が口癖になっていないだろうか? 新しい趣味やレジャー、スポーツを始めるのに遅すぎるということはない。あえて若者がやっていることに挑戦し、自分を若返らせるという考え方もある。

例えば筆者は、50代になった今もプロ選手が所属するキックボクシングジムの「準選手練習会」に毎週参加し、プロを目指す若者と殴り合いをしている。そのおかげで心身ともに実年齢より10歳は若く維持できていると思う。頭がクラクラすることも、鼻血が出ることも楽しみのひとつだ。

■自分のペースで始めればいい

サーフィン、ダンス、バーベキュー、ボクシングなど若者向けと思えるスポーツやレジャーでも、若者と同じようにハードにやる必要はない。年齢に合った負荷やスタイルで始めればいい。

例えばサーフィン。五輪競技のようなショートボードは50代には難しい。だがロングボードなら、スクールに入った初日から普通に立てる。しかも、それほど体力は必要ない。格闘技も、年齢や体力に合わせてインストラクターが指導してくれる。年配者でも関われる選択肢は必ず存在するのだ。

■あえてTikTokを始めてみる

TikTok(ティックトック)といえばZ世代ユーザーがメインのSNSだ。しかし、50代のおじさん特有の壁をつくらず、その壁を飛び越えることで新しい楽しみが増える。使い方を子供に聞くことで親子のコミュニケーションも生まれる。若者から教わるという謙虚な姿勢も身につく。

TikTokを始めたら、今まで関わったことがない世代から「いいね」がつけられるかもしれない。実際に長州力のTikTokは若者から絶大な人気を獲得している。若者のSNSの世界に入ることで、新しい「コミュニケーションフルネス」を感じることができるだろう。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム