コロナ失活する「殺菌灯」 今冬に懸念の「第6波」対策の切り札になるか

ポストセブン
コロナ対策のため、みやざわクリニックに設置された殺菌灯。天井に向けて照射される(提供写真)
コロナ対策のため、みやざわクリニックに設置された殺菌灯。天井に向けて照射される(提供写真)

日本の新型コロナ感染症の流行は第5波が収束しつつある状況だが、政府分科会の尾身茂会長は9月16日の参院厚生労働委員会で、第6波がやってくる可能性について、「感染対策を続けないと、冬はそもそも感染が拡大しやすい時期なので、可能性はある」と発言している。

一方で、1年半にも及ぶ自粛要請に国民も疲れ果て、我慢の限度を超えつつあり、緊急事態宣言に対しても緊張感が失われている。第6波がもし来るとしたら、従来とは異なる対策が必要なのではないか。

そんななかで、元京大病院の医師で、みやざわクリニック(眼科、気管支・アレルギー科:兵庫県宝塚市)の宮澤大輔医師は、コロナ対策として殺菌灯(紫外線照射)による室内のウイルスの失活(死滅)をツイッターで提言し、注目を集めている。

「私のクリニックでは、1年ほど前から殺菌灯を設置しています。新型コロナに関してははオンライン相談のみの対応ですが、クリニックで通常診療を続けるなかで、殺菌灯による有害事象が発生したことは今まで一度もありません」(宮澤医師、以下同)

殺菌灯に使われる紫外線(UV)は波長が10〜400nm(ナノメートル)の電磁波で、太陽から放射されて日焼けの原因になるものである。日常的には紫外線照射を使った日焼けマシンがよく知られているが、一方、紫外線には細菌類を死滅させる効果があり、殺菌灯は食品工場や医療機関などで使われている。

紫外線(UV)が新型コロナウイルスを不活性化するとの研究結果は、日本をはじめ世界各国で報告されている。たとえば、昨年9月に藤田医科大学の村田貴之教授(ウイルス・寄生虫学)らの研究グループは、「殺菌灯で紫外線を距離40cmで10秒照射すると、99.99%のウイルスが失活した」という研究結果を発表している。同12月には、ボストン大学医学部の研究グループが「紫外線が新型コロナウイルスを迅速に不活化する」との論文を英科学誌『ネイチャー』のサイエンティフィック・リポートで発表した。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム