コロナ禍で広がる新たな性的搾取「ひととき融資」にすがる女性たち

ポストセブン
新たな性的搾取「ひととき融資」とは
新たな性的搾取「ひととき融資」とは

コロナ不況のなかで、女性たちが金を借りるために苦悩の選択を強いられている。経済的弱者を食い物にする男たちの手口を、ジャーナリストの河合桃子氏がレポートする。

* * *

◆明日までに15万円

「消費者金融3社の審査が通らず、なんとしてもお金が必要だった。他に方法がなかったんです」

そう言ってうなだれるのは、3人の子供を抱えるシングルマザー・智子さん(41歳仮名)だ。

秋田県在住の智子さんはコロナ禍でスーパーのレジ打ちのパート収入が減ったことに加え、3人の子供が夏休みに入って食費がかさみ、それまで月収13万円でギリギリだった生活が破綻し始めた。

親族から借りるあてもなく、最終的にネットで出会った男性と「性的関係」を見返りに現金を借りたという。

このように金に困った女性に対し、セックスを条件に金を貸す「ひととき融資」がコロナ禍で流行している。ネットトラブルや女性の貧困問題に詳しいグラディアトル法律事務所の若林翔弁護士が解説する。

「ひととき融資という言葉は、3~4年前からSNSや個人融資の専門掲示板サイトで発生した、いわゆる“隠語”です。“ひととき”の時間を一緒に過ごしてくれたらお金を貸しますよ、という意味です。お金に困った女性が〈10万円の融資希望〉などと書き込み、メールアドレスも記載する。

そこに融資できる男性が連絡をする流れですが、融資の条件に肉体関係を持ち出すんです。女性は消費者金融ですら借りられない低所得者など様々な事情を持つ人が多く、悩みながらも応じてしまう」

金銭の貸付を行なうには貸金業法が定める登録を受けなければならないが、「ひととき融資を迫る男性の多くはヤミ金と同様にこの登録をしておらず、法定金利を超える貸し付けをするなど、貸金業法や出資法に違反しているケースばかり」(若林弁護士)だという。

今年6月には千葉県の50代男性が、ひととき融資で法定金利を超える利子で現金を貸し付けたとして、出資法違反の疑いで逮捕された。冒頭の智子さんが語る。

「2年前に離婚してからは養育費をもらうことなく、パートで手取り13万円、家賃3万円、食費2万円、学生時代の奨学金と親の肩代わりとなった借金も合わせて7万円を返済しながら生活していました。

でも2か月前に元夫が支払い遅延していたスマホが私名義だったことが判明し、総額10万円の出費が発生して限界に。消費者金融3社のネット審査を受けましたが通らず、途方に暮れてネットで『今すぐお金を借りる方法』と検索するうちに個人融資専用の掲示板を見つけたんです」

藁をもすがる思いで〈明日までに15万円お貸しいただけませんか〉と書き込んだ智子さんに応じたのが、自称士業の50代男性だった。男性は「“無利子でひとときあり”なら融資可能」と持ちかけてきたという。

翌日、男性に指定された運転免許証、健康保険証、住民票、公共料金の領収書のコピーを持参し秋田駅ビルで待ち合わせると、駅近くのラブホテルに連れて行かれた。

「その方は15万円を無利子で貸す代わりに5回分割返済は手渡しで、その都度“ひととき”を受け入れることを条件にしてきました」(智子さん)

男性の要求はそれだけではなかった。

「私との行為の一部始終をビデオに収めることを求めてきたんです。断わったら金は貸さない、と。ここまできて拒否することもできず、借用書にサインするしかなかった。

無理矢理いろいろさせられて、私が上になった時は下から舐めるようにカメラを向けてニヤニヤしながら結合部を接写していました」(同前)

避妊具はつけておらず、智子さんが何度も懇願して、ようやく外で射精してもらったという。

「ホテルを出ると、男は私の車に乗り込みノートパソコンから銀行口座への入金手続きをしてくれました。彼と別れてすぐ、コンビニのATMで着金を確認できた時は、ほっと胸を撫で下ろしました」

そう話す智子さんは、一方でこんなふうに考えることがあるという。

「たしかに嫌なことをさせられましたが、彼だけがお金を貸してくれたという点では、恩を感じてしまう自分がいるんです。バカじゃないか、と言われるかもしれませんが、“じゃあどうすれば良かったの?”と叫びたい気持ちになります」

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム