動画視聴に特化したARグラスにガジェット好きが興味津々 NTTドコモとKDDIから12月発売

NTTドコモとKDDIが12月に発売する中国Nreal社の新型ARグラス「Nreal Air(エンリアル エアー)」
NTTドコモとKDDIが12月に発売する中国Nreal社の新型ARグラス「Nreal Air(エンリアル エアー)」

NTTドコモとKDDIが12月からの取り扱いを発表した新型のAR(Augmented Reality=拡張現実)グラスが、ガジェット好きネットユーザーの注目を集めている。

話題の製品は、中国のメーカーNreal(エンリアル)が発表した「Nreal Air(エンリアル エアー)」で、対応するスマートフォンなどと接続し「ミラーリングモード」を使用することで、動画やWebブラウザなどのコンテンツを、体感で130インチに相当する大画面で楽しめる(4メートル先の仮想空間上に映し出されるコンテンツを見た場合)透過型スマートグラス。対象となる一部のAndroidスマートフォンについては、ARグラス内に生み出される仮想3次元空間上に複数のコンテンツを同時に映し出す「MR Space」機能を利用することもできる。

同社の従来型「Nreal Light(エンリアル ライト)」と比較して、カメラを省くなど、動画視聴に適した機能に絞り込んで20%軽量化、76グラムとし、連続稼働時間も最大50%伸ばしたという。別売のデバイスと組み合わせることで、iPhoneシリーズにも対応する。ディスプレーには有機ELを採用し、画面解像度は左右それぞれ1920×1080ピクセルのフルハイビジョン。透過型であるため、装着時も常に周囲の状況を確認できる。マイクとスピーカーが内蔵されており、スマホなどとの接続はUSB Type-C端子を通して有線で行う仕様となっている。発売日や価格などは未定。

発表を受け、ツイッターでは早速ガジェット好きのネットユーザーが反応。「すご~く気になる」「これで360度VRとか、見れるんかなぁ。だったら本気で買いなんだけど」「いくらくらいなんだろう」などと興味を示している。

ARやVR(Virtual Reality=仮想現実)技術に関心のあるユーザーからは、「カメラないのは残念」「USB接続するのがイマイチだと思う。無線でやりとり出来たらかなり便利なのに」「130インチでもフルHDだとドットが目立ちそうな?」「使い道は限定的な気はする」といった辛口のコメントもあがっている。

その一方で、「実生活で利用するには現状これで充分というか現実的な気がする スマホの通知やらYoutubeやらが見えるだけで捗るはず」など、使用形態としてニーズの高い動画視聴に特化したことで、より手軽なデバイスとなったことを評価する人も。「普及のとっかかりにはなってほしい」「普及してくれたらコンテンツ作るモチベーションも上がる」など、クリエイターも含めたAR・VRコンテンツ市場活性化の契機になってほしいと期待を込める書き込みも見受けられた。

  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」