本物のバーコードが読み取れるレジスター型おもちゃ 子供は釘づけ、大人も熱視線

タカラトミーが11月中旬に発売する予定の知育玩具「おしゃべりバーコードレジスター」
タカラトミーが11月中旬に発売する予定の知育玩具「おしゃべりバーコードレジスター」

玩具メーカー大手のタカラトミーが発表したおもちゃの新製品「おしゃべりバーコードレジスター」が、ネットユーザーの注目を集めている。

同社の知育玩具シリーズ「マジカルプレイタイム」からリリースされる同製品は、スーパーなどにあるセルフレジ機の形状を模したおもちゃ。実際の商品についている本物のバーコードを読み取って遊べる。

井村屋、カルビー、ハウス食品、サントリー、花王など15社とコラボして、特定の商品では専用のアニメーションが液晶画面に表示され、音声が流れるようになっているほか、手持ちの商品を新たに登録し、カテゴリーや価格を設定することもできる。また、付属のスマートフォン型プレートのバーコードをかざすことで、キャッシュレス決済の体験もできる。

対象年齢は3歳以上で、電源は単3アルカリ電池4本(別売)。税込み8800円で、11月中旬の発売を予定しており、すでに販売予約の受け付けが始まっている。

ツイッターでは「セルフレジをやってると娘もぴっ!と言ってやりたがる」という声が散見されるように、小さな子供にとって、セルフレジでの会計は大人の真似をしてやってみたくなる体験の一つのようだ。

ただ、「ついつい後ろの方のことなどを思うとやらせてあげることが出来ません」というように、実際の店舗では体験させにくいこともあり、「おうちでめいっぱい遊ばせてあげたい」とこのおもちゃに興味を示すコメントが多く見受けられる。

同社の製品紹介ページや、公式ツイッターにはプロモーション動画も公開されており、「娘と一緒にYouTube見ましたが、すっごく食いついてました」「これは100%子供がテンションあがるおもちゃ」「本物だってのはこどもにはうれしいなあ」との反応も見られた。

夢中になっているのは子供だけではないようで、「おじいちゃんだけど、試してみたい」「小さい頃から将来はレジ打つ人になりたいと言い、実際アルバイトは基本レジ関係でやってきた身としては私が遊ぶ用に欲しいくらい」「昔から本物のレジを家に置きたいって思うぐらいにはレジ大好きだった私からしたら、最高の商品」など、レジ好きの大人が一定数いることもうかがえた。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから