年収1000万円以上の求人が多い業種 2位「コンサルティング」、1位は?

ITメディア
 直近、年収1000万円以上のポジションの採用は増えているかどうか(出典:エン・ジャパン)
直近、年収1000万円以上のポジションの採用は増えているかどうか(出典:エン・ジャパン)

転職市場で「年収1000万円以上のポジション」の求人が多いのは、どの業種なのだろうか。転職サイトを利用している転職コンサルタントに聞いたところ、「IT・インターネット」であることが、エン・ジャパン(東京都新宿区)の調査で分かった。

直近で年収1000万円以上のポジションの採用は増えているかを聞いたところ、65%が「増えている」(増えている:16%、どちらかと言えば増えている:49%)と回答。2019年の同調査と比較すると「増えている」(2019年:56%)は9ポイント上昇した。

「年収1000万円以上のポジションの採用が増えている、どちらかといえば増えている」と回答した人に、年収1000万円以上のポジションの採用が多い業種を聞くと、1位は「IT・インターネット」(65%)。2位「コンサルティング」(37%)、3位「メーカー」(34%)と続いた。

職種で多いのは「経営・経営企画・事業企画系」(71%)や「コンサルタント系」(45%)、「技術系」(44%)。企業タイプは「大手企業」(52%)が1位だった。

年収1000万円以上のポジションを募集する背景には、「既存事業の拡大を目指したマネジメントポジションの募集」(62%)、「既存事業の拡大を目指したスペシャリストの募集」(54%)、「新規事業の拡大に伴う経験者の採用」(41%)などが上位に挙げられた。

年収1000万円以上の転職に成功する人の共通点

年収1000万円以上の転職に成功する人には、何か共通する仕事の能力があるのだろうか。転職コンサルタントの回答は、1位「問題意識に基づき、課題や目標を設定する能力」(63%)、2位「ビジネス課題を解決するテクノロジーを活用する能力」(51%)、3位「立場や価値観の違う社内外の関係者同社を調整し、まとめる能力」(50%)だった。

企業が求めるスキルを満たしている前提で、年収1000万円以上のポジションで転職成功する人に共通する特徴は「臨機応変に対応できる」(57%)、「実現したい世界観がはっきりしている」(53%)、「謙虚で礼儀正しい」(51%)が上位3つに挙げられた。

なお、全回答者の65%が年収1000万円以上のポジションの採用が今後「増えていく」と回答しており、「DXにより増加傾向にある」といったコメントが多くみられた。ITサービスを提供する企業では案件に対して人材が不足していることもあり、待遇面を引き上げてでも採用に踏み切る傾向があるようだ。

調査は9月15~22日、転職コンサルタント159人を対象にインターネット上で実施した。

関連記事
  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム