今からできる年金+10万円生活

アルバイトとネット副業を組み合わせ、トータルでプラス月額10万円を目指そう

akippa駐車場オーナーと利用者のイメージ(akippa提供)
akippa駐車場オーナーと利用者のイメージ(akippa提供)

・ネットを介した副業は手軽だが収入額が不安定

・昭和なアルバイトは収入額が明確だが体力を要し拘束も

・昭和なアルバイトとネット副業を組み合わせ「+月額10万円」を目指す

 定年退職後の生活は年金収入だけでは厳しい。何らかのフロー収入が必要だと思っても、いまさら雇用延長や再就職で組織に属すことには抵抗のある人も少なくないだろう。といって、起業するのもハードルが高い。

 ならば、「副業」でプラス月額10万円を実現するのが現実的ではないか。それが今回のテーマだ。年金が主たる収入になるので、ここでは「副業」という呼び方にする。

 現時点で、シニア世代でも取り組みやすいと思われる副業を6つに分類してみた(投資や不動産収入は除く)。

 (1)雇用され時間給を得る「昭和のアルバイト型」

 (2)ネットを介して商品を販売する「ネット通販型」

 (3)ネットを介して案件を請け負う「アウトソーシング型」

 (4)ネットを介してスキルを販売する「スキルシェア型」

 (5)ネットを介して遊休資産やモノをレンタルする「シェアリング型」

 (6)ネットを活用しポイントなどを細かく稼ぐ「コツコツ型」

 もちろん、プラス月額10万円を得るのは簡単なことではない。(2)から(6)のネットを介する副業は手軽だが、収入が見込みづらいというデメリットがある。努力次第で収入を伸ばすことは可能だが、手堅い収入も必要だ。

 そう考えると、(1)の「昭和のアルバイト型」は勤務時間に応じて時給が支給されるため、堅実な副業だ。外食やコンビニ、軽作業、クリーンスタッフ、物流などシニア世代のアルバイトを募集している業種も多い。

 「タウンワーク」のサイトで地域の求人を検索してみると、シニアOKの募集がたくさん出てくる。ただし、やりがいは得にくいし体力も使う。月額10万円を得るためには長時間働かなくてはならない。

 そこで、堅実な(1)昭和なアルバイトと、(2)から(6)の中から手離れのいいネット副業を組み合わせ、トータルでプラス月額10万円を目指すことを提案したい。

 手離れが良いのは(5)の遊休資産やモノをレンタルする「シェアリング型」だ。そして、わかりやすい遊休資産といえば自宅の空き部屋や空き駐車場だ。

 例えば「akippa(アキッパ)」という駐車場シェアのサービスがある。家の空き駐車場を登録しておくと、akippaに登録している会員(ドライバー)がその駐車場を利用できる。

 駐車場のオーナー(持ち主)は自分では何もする必要はなく、毎月、手数料を引いた貸し出し料金がakippaから振り込まれる仕組みだ。筆者が以前取材した東京都世田谷区のakippaオーナーは、空き駐車場1台で月額1万2000円ほどだと話していた。むろん、金額は場所により変わってくる。

 収入だけが目的でなく、自己実現や社会との接点を保つために副業したいという読者も多いだろう。シニアの副業については当欄で順次紹介していくが、最初はあまり稼げなくとも、だんだん収入を増やしていくことを目標としたい。ネットを使う副業は、基本的に時間や場所に拘束されない。副業をうまく組み合わせてプラス月額10万円を目指していこう。

 ■藤木俊明(ふじき・としあき) 副業評論家。自分のペースで働き、適正な報酬と社会とのつながりを得ることで心身の健康を目指す「複業」を推奨。著書に『複業のはじめ方』(同文舘出版)など。

zakzak

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから