中高年のための認知症講座

発症予防のためまず行うべきは「生活習慣病」改善 認知機能の変化に心配あれば「認知症専門外来」の受診を

血糖値、血圧、中性脂肪とコレステロール値など、まず生活を見直そう
血糖値、血圧、中性脂肪とコレステロール値など、まず生活を見直そう

 発症の20年くらい前から、少しずつ脳の病変が起こるアルツハイマー病。患者数が最も多いこの認知症を防ぐためには、40~50代から、自分の認知機能の変化をチェックしてほしい。

 まず、次の項目にあてはまるかどうか確認を。

 □なぜかイライラする

 □眠れなくなる

 □外出がおっくうになる

 □趣味に楽しみを感じなくなる

 □ど忘れが増える

 □同じことを何度も聞くようになる

 □頭痛や胃痛がある

 一つ一つは、よくあることと言ってしまえるようなことだが、「これまでと比べて」増えているかどうかが大事。

 アルツクリニック東京(千代田区)の新井平伊院長によると、「変化」があるかどうかが大切で、それに真っ先に気づくのは自分だという。しかし、気のせい、年のせいと言って軽く考えたり、努力によってカバーできてしまったりすることで、見てみないふりをしてしまうことが多いそうだ。

 インターネットで認知機能をチェックできるサイトがいくつかあるので、試してみるのもいいだろう。

 さて、認知症を疑って医療機関を受診する場合は、どこに行けばいいのだろうか。

 「かかりつけ医がある場合はまずそこを受診し、認知症専門医のいる医療機関に紹介状を書いてもらうといいでしょう。かかりつけ医がない場合は、認知症専門外来や、各都道府県の認知症疾患医療センターを受診してください」

 認知症を診る診療科には、脳神経外科、神経内科、精神神経科などいくつかあるが、新井院長は「診療科で選ばず、ぜひ認知症専門外来を受診してください。治る認知症を診断するためには、最初の診断が大事です」と話す。

 診断がつかない、あるいは診断に納得がいかない場合は、他の病気と同様に、他の専門外来を受診したり、セカンドオピニオンを受けたりすることも考えたい。認知症を発症しない、あるいは遅らせる未来を手に入れるためには、自分で「変化」に気が付き、適切な医療機関を受診する積極性が大切だ。

 同時に中高年全員に行ってほしいのが、認知症の予防、脳の老化の予防だ。「変化」を自覚している人、SCD(主観的認知機能低下)、MCI(軽度認知障害)の人は、元の状態に回復させることが可能だと新井院長。アルツハイマー病と診断された人でも、進行を遅らせることができるし、「変化」の自覚のない人であれば、脳の“健康寿命”を延ばすことができるという。

 認知症に至る脳の老化は、次の順番でやってくる。つまり、この順番で防ぐことが大切になる。

 (1)身体全体の老化

 (2)脳の血管の老化

 (3)脳の神経細胞の老化

 (4)メンタルの老化

 まず行うべきは、生活習慣病の人はその改善。糖尿病なら血糖値を、高血圧であれば血圧を、脂質異常症であれば中性脂肪とコレステロール値を目標値にできるだけ近づけたい。

 もちろん専門医にかかって治療を続けるのが基本だ。それぞれの病気を持つ人とそうでない人とでは、前者のほうがアルツハイマー病や脳血管性認知症になりやすいことは、数多くの研究データが示している。

 肥満(BMI25以上)も生活習慣病に大きく関わるので、ぜひ改善を。

 歯周病も、生活習慣病と密接に関わり、糖尿病やアルツハイマー病の発症や進行との関係が証明されている。歯周病のある人は治療を、それ以外の人もしっかりと口腔ケアに取り組みたい。

 次回は、予防法になるゲームや運動、睡眠について。

zakzak

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム