仕事の休憩時間にしていること 3位は「昼寝・仮眠」、2位と1位は?

ITメディア
「仕事の休憩時間に関する意識調査」(画像はイメージ)
「仕事の休憩時間に関する意識調査」(画像はイメージ)

求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、働く男女を対象に行った「仕事の休憩時間に関する意識調査」の結果を発表した。仕事の休憩時間に何をしているか聞いたところ、最も多かったのは「コーヒーやお茶を飲む」(152人)だった。

2位は「同僚と雑談」(102人)、3位は「昼寝・仮眠」(76人)、4位は「スマホを触る」(61人)、5位は「おやつを食べる」(54人)だった。

1位の「コーヒーやお茶を飲む」と回答した人からは、「一人でお茶をしている」(50代男性)、「コーヒー・お茶・炭酸など、気分に合わせて飲み物を用意する」(30代女性)という声が聞かれた。「コーヒーを飲みながらスマホを触る」「お茶を飲みながら同僚と雑談する」など、飲み物を摂りながら別のことを同時にやっている人も多かった。

2位の「同僚と雑談」と回答した人は、「休憩時間が同僚とかぶる時間帯だったら、付き合いで雑談する」(20代女性)、「同僚と仕事の愚痴などを話してストレス解消している」(40代女性)という過ごし方をしていた。「休憩時間は一人で過ごしたい」という人がいる一方で、「同僚と話すことでストレス解消」という人もいることが分かった。また仕事につながる雑談をしている人もいた。

3位の「昼寝・仮眠」と答えた人は、「休憩室があるため、そこで少し目を閉じて眠るようにしている」(30代男性)、「机にうつ伏せになって、軽く寝ている。15分ぐらい仮眠をとっている」(50代男性)といったコメントを寄せた。寝る場所として、自席、休憩室、車などが挙げられたが、「空いている部屋にマットを出して昼寝」「倉庫で寝袋にくるまる」という回答もあった。

休憩時間を有意義に過ごしていると感じる?

休憩時間を有意義に過ごしていると感じているか尋ねると、「感じる」と答えた人が19.0%、「まあ感じる」が52.2%で、合わせて7割が有意義であると答えた。

理由を聞いたところ、「同期と一緒にコーヒーを飲んでいる。ざっくばらんに愚痴などを話して、リフレッシュできている」(20代女性)、「休憩時間は読書・勉強・昼寝をする。休憩時間をムダに過ごすことなく、自己啓発や体力回復に使えている」(30代男性)という声が聞かれた。「午後からも頑張ろうという気になれる」「好きなことができて、気分転換になっている」といった回答も多かった。

休憩中に同僚とコミュニケーションをとっている人からは「同僚と情報共有ができることで、業務が順調に進んでいる」という声もあった。「休憩時間を有意義に過ごすことで、仕事がスムーズになる」効果もあるようだ。

有意義だと感じていない人からは、「ついスマホを見てしまい、時間が過ぎる」「ダラダラしてしまう」「同僚との雑談が苦手」などの回答が寄せられた。

休憩時間を同じように過ごしていても、有意義かそうでないかは人によって感じ方が異なっているようだ。

今回の調査は、現在仕事をしている男女を対象に、インターネットで実施した。調査日は21年9月5日、有効回答数は500人(女性316人、男性184人)。

関連記事
  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. ホールケーキ完食強制も…毒親に育てられた東大卒マンガ家の壮絶体験