業務の35.5%「雑務にかける時間」 7カ国で日本がトップ

ITメディア
テレワークによってワークライフバランスは向上した
テレワークによってワークライフバランスは向上した

アドビは、日本、米国、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア、ニュージーランドの7カ国を対象に実施した「未来の働き方に関するグローバル調査」の結果を発表した。

「テレワークの導入によりワークライフバランスが向上した」と答えた人はグローバル平均で8割を超える結果となったが、「テレワークの方がオフィス勤務より仕事がはかどる」と答えた日本人は半数以下だった。

コロナウイルス感染症拡大の影響でテレワークを導入する企業が増える中、「テレワークによってワークライフバランスは向上しましたか?」という問いに対し、グローバル平均で85.5%、日本でも73.0%が「向上した」と回答した。最も高い割合だったのはニュージーランドの95.7%。

「オフィス勤務よりテレワークの方が仕事がはかどりますか?」という質問には、グローバル平均で約7割が「そう思う」(69.1%)と答えたのに対し、日本で「そう思う」と回答したのは半数以下(42.8%)で、7カ国で最も低い結果となった。

全体の業務時間の中で雑務にかける時間の割合を聞いたところ、日本は35.5%で7カ国の中で最も時間をかけていることが分かった。

作業効率化のためにデジタルツールを導入してほしいタスク

作業効率化のためにデジタルツールを導入してほしいタスクを聞いたところ、日本の1位は「紙文書の作成・確認作業」(71.0%)、2位「ファイル管理」(70.6%)、3位「ファイル検索」(62.6%)という結果に(複数回答)。紙を使った業務が多く残る日本では、紙文書のデジタル化がテレワーク向上のカギになると考えられる。

来年の転職意欲を尋ねたところ、グローバル平均で35.0%、日本で39.0%と、4割近くの人が転職を考えていることが分かった。転職したいと思っている人の割合が最も高いのはニュージーランド(46.2%)で、最も低いのはドイツ(24.7%)だった。

「年収や仕事内容が変わらないとすると、転職したい理由は何ですか?」という質問に対し、グローバル平均でも日本でも半数以上の人が「ワークライフバランス」「仕事のスケジュールを自分でコントロールできる」「テレワークが選択できる」「作業効率化のためのツールを導入している」ことが重要だと答えている。

この調査は従業員数1000人以上の企業に勤める男女3404人(日本: 500人、米国: 501人、英国: 500人、ドイツ: 501人、フランス: 500人、オーストラリア: 502人 、ニュージーランド: 400人)を対象に、4月30日~5月28日にインターネットで実施した。

関連記事
  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから