金子恵美氏、岸田新総裁は「どこまでもいい人」 議員時代宿舎が隣…長男が夜泣きも「全然気にしないで」

サンスポ
金子恵美氏
金子恵美氏

元自民党衆院議員でコメンテーターの金子恵美氏(43)は新総裁の岸田氏について「どこまでもいい人」と、議員時代の2016年に長男を出産した当時のエピソードを本紙に明かした。

議員宿舎で隣に外相だった岸田氏が暮らしていた。多忙な岸田氏は留守がちだったが、なぜか在宅時に長男が激しく夜泣きした。金子氏は「壁が薄く、泣き声も聞こえていたはず。日本の外交の妨げになっては申し訳ない」と、顔を合わせた際に謝罪。岸田氏は笑顔で「全然気にしないで。赤ちゃんは泣くもの。子育てに専念してください」と返答したという。

新首相となる岸田氏には「新型コロナ対策を期待したい」。特に医療難民ゼロとなるよう適切な医療体制構築に注力してもらいたいとした。

一方、金子氏は16~17年に総務政務官を務め、当時の総務相が高市氏。「ぶれない人」という印象で、部下の官僚に対して「譲れないことは厳しく言う」。その一方で「女性官僚が仕事をしやすい環境づくりにも心を砕く上司だった」として、高市氏の今後の活躍にも期待を寄せた。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  3. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」

  5. 熊本県ならどの家庭にもくまモン1匹はいる?「水ダウ」企画に反響「ガチわかる」「いない方が珍しい」