“最強タッグ”が紡ぎ出した最高のエンタメ! 佐藤健と阿部寛の演技は圧巻 「護られなかった者たちへ」10月1日公開

 佐藤健、阿部寛、『64 ロクヨン』の瀬々敬久監督がタッグを組んだヒューマン・サスペンスが10月1日公開の『護られなかった者たちへ』。日本映画界でアクションからヒューマンドラマまで演じることができる稀有な存在の佐藤健が殺人事件の容疑者。それを追う刑事には重厚さと明るさを併せ持つ阿部寛。最強タッグが実現した。

 東日本大震災から10年。仙台で不可解な連続殺人事件が起きた。

 被害者は誰からも慕われる人柄で、恨みを買うはずはないという。刑事の笘篠は被害者の共通点を探り出し、事件直前に出所した利根という男に目を付けた-。

 瀬々監督が、阿部を選んだ理由を「存在感があるから」と語る通り、撮影でも圧巻の演技でリアルを追求する。冒頭の震災直後のシーン。雨の中の死体安置所で服の中の見えない部分までも泥で汚すこだわりにスタッフも驚いた。

 佐藤健にはプロットの段階からオファーしていた。『8年越しの花嫁 奇跡の実話』での演技に監督がほれ込んだという。その期待にたがわずすごい演技を見せた。

 避難所で利根がもみ合いとなるシーン。泥んこ状態のグラウンドを見た佐藤は「僕の頭をこの泥の中に全力で突っ込んでください」と共演者に要求したという。もちろんこれは佐藤のアドリブ。その気迫にスタッフもやる気を出したという。

 さらに福祉事務所の三雲所長役の永山瑛太に怒りをぶつけるシーンでは、カメラが回る前からすでにこぶしが怒りでブルブル震えていたそうだ。監督はあとで「役の作り方がすごいですね」と舌を巻くほどだった。

 クライマックスで佐藤を阿部と林遣都が全力で追うシーンは土砂降り。全身ずぶぬれで疾走する。それを追う撮影隊も必死。それでも監督が「まだ熱い絵は撮れてないぞ、もう一丁!」と鬼の指示で何テイクも撮り直し。それだけに完成シーンは熱かった。

 主題歌は桑田佳祐が2011年にリリースした『月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)』。この曲は被災者を応援するために「宮城ライブ」で歌われたもので、製作陣が「桑田さんにも主題歌で参加していただきたい」と熱望し実現した。最高のエンターテインメントを紡ぎだしたキャストとスタッフに拍手を送ろう。(望月苑巳)

zakzak

  1. キッチンで使える。電気がいらない生ごみ処理機「自然にカエルS」

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」