NY株反発、90ドル高 割安感出た銘柄買い戻し

産経ニュース
米ニューヨーク証券取引所(AP)
米ニューヨーク証券取引所(AP)

29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比90・73ドル高の3万4390・72ドルで取引を終えた。前日の大幅下落で割安感が出た銘柄を中心に買い戻す動きが優勢となった。

米長期金利の上昇が一服したことで、IT関連銘柄の一部に買いが入ったのも相場を押し上げた。ただ、米政府のつなぎ予算と債務上限を巡る与野党対立への警戒感が続き、上値は重かった。

ハイテク株主体のナスダック総合指数は続落し、34・24ポイント安の1万4512・44。

個別銘柄では、航空機のボーイングや医薬品のメルクの上昇が目立った。建設機械のキャタピラーは売られた。(共同)

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に

  5. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声