衆院選10月26日公示、11月7日投開票有力

産経ニュース
党本部に入る岸田文雄総裁=30日午前、東京・永田町の党本部(桐山弘太撮影)
党本部に入る岸田文雄総裁=30日午前、東京・永田町の党本部(桐山弘太撮影)

自民党の岸田文雄総裁は30日、10月4日に召集される臨時国会の会期を14日までとする方針を固めた。自民党の森山裕国対委員長が1日、立憲民主党の安住淳国対委員長と国会内で会談し、伝える。新首相となる岸田氏が最終日の14日に衆院解散に踏み切った場合、次期衆院選は26日公示、11月7日投開票の日程が有力となっている。

複数の与党関係者が明らかにした。11月2日公示、14日投開票も想定されるが、速やかに衆院選を実施する必要があると判断しているようだ。

岸田氏は総裁選の期間中に「少なくとも国会の場で所信表明をしたうえで選挙を行うべきだ」と表明してきた。岸田氏は10月4日に組閣を行ったうえで、8日に予定される所信表明演説と、11~13日の代表質問に臨む意向だ。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿