岡田准一主演映画「燃えよ剣」に“便乗” ひらパーのパロディーポスター公開で「箸を使え」トレンド入り

大阪・枚方市のテーマパーク「ひらかたパーク」が公開した、俳優の岡田准一主演映画「燃えよ剣」のパロディーポスター
大阪・枚方市のテーマパーク「ひらかたパーク」が公開した、俳優の岡田准一主演映画「燃えよ剣」のパロディーポスター

京阪電気鉄道が運営する大阪・枚方市のテーマパーク「ひらかたパーク」は30日、俳優の岡田准一主演映画「燃えよ剣」(10月15日公開)のパロディーポスターを公開した。これを受け、同日午前のヤフーリアルタイム検索やツイッタートレンドの上位に、「箸を使え」「ひらパー兄さん」といった関連ワードが同時にランクインして注目が集まった。

同市出身の岡田がイメージキャラクター「園長」を務め、「ひらパー」の愛称で親しまれるひらかたパークでは、岡田の主演映画公開に“便乗”したパロディーポスターが恒例行事。過去には、2019年の「ザ・ファブル」16年の「海賊とよばれた男」13年の「図書館戦争」などでオリジナルデザインを模してダジャレのタイトルをつけたポスターが作られており、今回で12作目となる。

今回のパロディーポスターは、岡田が演じる主人公、新選組の土方歳三が鋭い目つきで日本刀を構える緊張感みなぎるオリジナルポスターの左側に配置され、オリジナルでは見切れている刀の先に、炎を上げる焼きイカが刺さり、真剣白刃取りで剣先を受け止めた岡田園長が驚きに顔を歪めるという構図になっている。タイトルは見た目そのままに「燃えよ剣先イカ」とダジャレ全開。オリジナルのキャッチコピー「時代を追うな。夢を追え。」をもじって、「うわっ危な。箸を使え。」と韻を踏んだフレーズを添えて園長の心情を表現している。

5月に映画公開日が発表された際にも、パロディーポスターを待ち望む声があがっており、同園の公式ツイッターでも公開されたポスターには「これいつもおもろいから楽しみにしてる」「さすがと言わざるを得ない」「ひらパーはこれでないと」と公開を喜ぶ声が多数寄せられた。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム