ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!

新作モノマネに登場、高市氏と河野氏 清水さんの“茶の間受けアンテナ”にピンときた

清水ミチコさんは最近、高市氏のモノマネに挑戦している
清水ミチコさんは最近、高市氏のモノマネに挑戦している

 私、今は朝のニュース番組「飯田浩司のOK!Cozy up!」(月~金曜午前6-8時)のキャスターをしていますが、ニュースに携わるようになったのは2012年1月の夕方の番組からで、その前は主にバラエティー番組担当でした。

 中継リポーターや番組アシスタントなど、いろいろやりました。そこでリスナーさんから直接話を聞いたり、芸人さんの話芸を目の前で見たことが、今のゲストやコメンテーターの話を聞く際のヒントになっています。「何事も経験だなぁ」と感じる毎日です。

 ニュースを担当するようになった12年秋に、当時、野党自民党の総裁選を取材して以来、数えてみると今回で5度目になります。今回の総裁選は、その12年以来の大混戦です。

 投開票を明日に控え、河野太郎行革担当相と、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相がしのぎを削る展開で、1回目の投票では決着がつかず、上位2人による決選投票が必至と言われています。その顔ぶれも「河野氏がトップで、岸田、高市両氏が2位争い」と言われますが、投票箱が開くまで予断を許さない状況のようです。

 さて、バラエティー番組を経験した縁から、いまだにちょくちょく仕事をいただくことがあります。タレントの清水ミチコさんは、駆け出しのころ番組アシスタントで使ってもらい、その後も折に触れて呼んでいただいています。先日も「全国ツアーが始まるから、ちょっと手伝ってくれない?」と言われ、二つ返事で駆け付けました。

  1. キッチンで使える。電気がいらない生ごみ処理機「自然にカエルS」

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」