SPORTS BAR

しぶこ、絶大な人気を誇ったアーノルド・パーマーの名言「ドライブこそが、マネー・ショットになる」を実践

ゴルフ界の「キング」と同じ境地に達した?
ゴルフ界の「キング」と同じ境地に達した?

 男子ゴルフで絶大な人気を誇ったレジェンド、アーノルド・パーマー(2016年没、享年87)の名言がある。

 「ドライブ(飛ばし)は見せるため、パットはお金であるというのは信じていない。低いスコアを争う高額のマネー・トーナメントでは、ドライブこそがマネー・ショットになる」

 メジャー7勝を含むツアー62勝の実績を残した男の言葉である。巷間言われる「ドライブ・イズ・ショー、パット・イズ・マネー」に異議?! いえいえ、ちゃんとした理由があるんです。

 くしくも前週の「住友生命レディース東海クラシック」で今年初のトップ10入り(4位タイ)した、渋野日向子(23)の“今の思考”はパーマーと一緒だった。

 「パット・イズ・マネーといわれるけど、結局ショットでつないでないと、めちゃくちゃロングパットが多くなったり、シビアなゴルフになってしまう。ショットがよくないとバーディーチャンスにも付かないので…」

 オフから始めた打法改造は(1)スイングの再現性を高める(2)アイアンショットの精度(3)ドライバーの飛距離アップ-が主なポイントだった。

 一時、飛距離は落ちたが、7月末「楽天レディス」では最終日18番で公式に281ヤードを計測。前週は雨で中止になったが、ドライビングディスタンス出場も決めていた。

 「春先に比べ、ドライバーは10ヤード以上は確実に伸びている。他のアイアンの距離もアップしている実感があります」

 そんな渋野は今、バッグに4本のウエッジを入れている。「ピンを狙うために5ヤード刻みでウエッジを変える。そのくらいの精度を求めたい」と言った。バーディーを奪うための100ヤード前後のショットの精度の追求であるが、その距離に到達させるドライブ、飛距離が必要になってくる。渋野の狙いはソコだった。

 パーマーの名言、「ドライブこそが、マネー・ショットになる」を自然と取り入れていた。しぶこがパーマー並みってスゴイでしょ?! (産経新聞特別記者・清水満)

zakzak

  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」