ブラック企業を辞められない理由 「生活が困窮する」や「家族を不安にさせる」を抑えた1位は

ITメディア
辞められない事情とは(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)
辞められない事情とは(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

ブラック企業を辞めていない、辞められない理由1位は「転職活動が不安」(41.7%)――そんな結果が、労働問題などに取り組む日本労働調査組合(東京都足立区)が実施した「ブラック企業に関する労働調査」で明らかになった。同調査は、自身の勤務先が「ブラック企業だと思う」と回答した20~49歳の会社員男女552人を対象にしている。

辞められない理由の2位は「生活が困窮する」(38.9%)、3位は「家族を不安にさせる」(19.9%)という結果に。同組合は「長時間労働により十分な転職活動時間がとれず、収入のない期間が発生することを懸念する様子がうかがえる」とコメントした。

会社を辞めることを検討しているか

会社を辞めることを検討しているか尋ねると、「はい」が68.7%、「いいえ」が31.3%だった。今年4月に実施した「退職動機に関する労働調査」では、会社員の35.8%が退職を検討していると回答した。その結果と比べると、退職を考えている人が32.9ポイント増えていることから、同組合は「自身の勤務先をブラック企業と認識している会社員の退職意向はかなり高いことがうかがえる」と分析する。

会社を辞めることを検討していると回答した人を年代別で分析すると、20代が77.8%で、30代の66.8%や40代の61.2%を上回った。

会社を辞めたい理由は?

会社を辞めたい理由のトップは「給料が安い」(37.7%)で、「従業員を大切にしない」(30.6%)、「仕事量が多い」(28.2%)と続いた。

カテゴリー別の内訳比率を見ると、1位は「人間関係:ハラスメント」(24.9%)、2位が「労働時間」(21.7%)、3位が「給与待遇」(17.3%)、4位が「休日」(14.0%)だった。同組合は「当事者の退職理由としては、長時間労働や残業は前提として折込済み(当たり前)になっている様子がうかがえる」と分析した。

今回の調査は9月9~12日、インターネット上で実施した。

関連記事
  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム