メイドイン豊岡の本領発揮!「鞄の國 豊岡製 帆布3WAYダレスバッグ」を記者が体験

豊岡の熟練職人が手掛ける、3WAY仕様のお出掛け鞄
豊岡の熟練職人が手掛ける、3WAY仕様のお出掛け鞄

日本有数の鞄の産地として知られる兵庫県豊岡市。鞄作りに1000年以上の歴史を持ち、「鞄の街」として名高い同市の熟練職人が丹精を込めて作った鞄は、全国にファンが存在します。産経ネットショップでも、同市が誇る人気メーカー「平野」の商品を扱っており、今回、その新商品となる「鞄の國 豊岡製 帆布3WAYダレスバッグ」が入荷いたしました。「メイドイン豊岡」らしい和の雰囲気を前面に押し出したバッグで、生地には人気の帆布を使用。使い勝手もよさそうな商品です。今回の商品は、産経ネットショップでも人気を集めた鞄の“別注”で、さらに使い勝手や見た目を改良。まさに痒い所に手が届く鞄が完成しました。そんなバッグを紹介するにあたり、今回、編集部の記者が実際に試し、使い心地などを体験。そこで感じたことを思いのまま紹介していきたいと思います。どうか、ご購入の際の参考にしてみてください。

平野といえば、ビジネス、旅行、カジュアルなど、幅広いバッグの製造販売を手掛ける老舗。特に同社のブランド「鞄の國」は「街歩きや旅行に重宝する」と目の肥えた紳士に人気です。


「3WAYダレスバッグ」は、産経ネットショップで過去に約1000個を販売し、惜しまれつつ販売が終了した商品の別注。ユーザーの意見が取り入れられており、改良されたポイントは6カ所に及びます。まずは、生地パラフィン加工した10号帆布を使用。トラックの幌などに使われるこの生地を使用することで、全体的に張りが生まれ、頑丈で型崩れしにくいデザインになっています。撥水加工も施されており、雨や汚れを気にせず、思い切り使用することができそうです。また、この生地は、デニムのように時間とともに風合いが変わることで知られ、その変化を感じるのもひとつの楽しみになっています。

細かいところでは、合皮部分のステッチも同色にチェンジ。オリジナルのステッチはベージュでしたが、同色系の糸を使うことで、その存在感を抑えめにしています。


大事な収納面でも、改良を重ねました。商品は口がガバッと開く「ダレス式」を採用。大きく開いた状態をキープできることから、中身が見やすく、荷物が出し入れしやすい構造になっています。そして、サイズをオリジナルよりやや大きくし、A4サイズのものを入れられるように改善しました。

さらに、今商品では、内側に「ペットボトルホルダー」を設置。ここは水をはじくPVC加工で作られており、荷物に水滴などがつかない工夫が施されています。使わない時はしまえる作りになっている点もうれしい限りです。

サイドファスナーはメイン収納に直結しています。バッグは手提げ、ショルダー掛け、リュックの3つのスタイルで使用できますが、例えば、リュックタイプで使用した際は、鞄をおろさずに中の荷物を取り出すことが可能。使用頻度の高い財布や定期入れなどは、ここから出し入れできそうです。

別注では、底面に鋲が付けられました。底鋲を4カ所に取り付けたことで、バッグは自立。擦れを軽減するため、底が破れにくくなり、今まで以上の長持ちが期待できそうです。また、濡れた地面にバッグを置かなければならない場合も、この底鋲が濡れから本体を守ってくれそうです。ブランドタグも内側に付け替え、外側のトーンを全体に抑えるシックな装いになっています。

まず手に取って最初に感じたのはその重量。資料によると、重さはわずか560グラムで、その軽さに驚かされました。デザインもシンプルな縦長タイプ。性別を問わずに家族で使い回せそうです。

収納面も、ご覧の通り、予想以上の収納力でした。この日は、出勤用のバッグに入っていたものをそのまま移動してみました。中身は週刊誌、iPad、折り畳み傘、モバイル用充電器、定期入れ、システム手帳、長財布、iPodクラシック(イヤホンも)、スマートフォン、ペットボトル(500ミリリットル)。入れる前は、ちょっと多いかなと思いましたが、整理整頓して入れれば、まだ少し余裕がある感じでした。

また、荷物を入れる際に感じたのは、収納の入り口部分に入ったワイヤーの素晴らしさ。これのおかげで、ガマ口を開けたような状態をキープすることができ、荷物の出し入れがとてもスムーズ。このように荷物がたくさん入った状態でも、中の物を探すのが楽でした。


サイドファスナーは全開の状態で約16センチ開くため、財布や定期入れ、スマートフォンはもちろん、文庫本サイズぐらいの物でしたら、下に置かず、そのままでも取り出すことができました。

フロントに設けられたポケットもアクセントになっており、ダークブラウンの合皮が和の雰囲気を一層引き立ててくれます。ここにもハンカチや定期入れなど、薄いものを収容することができます。

実際に使ってみて、全体的なデザインから、個人的には、やはりカジュアルなシーンでの活躍がメインになるのかなと感じましたが、敢えて、ビジネスシーンに投入し、他人とは違った雰囲気を出すということもアリだと思いました。もちろん、オフタイムでも、十分に使えますし、1泊ぐらいの旅行でしたら、最小限の荷物をカバーしてくれそうな、そんなポテンシャルも感じました。


手提げ、ショルダー、リュックと、3つのスタイルで使用できる点は大きな特徴で、まさにTPOに合わせて形を変えるという楽しみも、この商品の大きな醍醐味だと思います。目の肥えた方も満足させてくれる「鞄の國」。その完成度を実感できる商品だと思います。

「鞄の國 豊岡製 帆布3WAYダレスバッグ」のお値段は11,000円(税込み、送料無料)。色は、ネイビーとカーキの2色展開になります。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。<産経ネットショップ>

※価格や商品内容などの情報は掲載日時点のものです

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  2. キッチンで使える。電気がいらない生ごみ処理機「自然にカエルS」

  3. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」