東京五輪事前合宿に105カ国7353人 214自治体受け入れ

産経ニュース
ホストタウンの前橋市で長期合宿を行っている南スーダンの選手=令和2年10月、前橋市(川口良介撮影)
ホストタウンの前橋市で長期合宿を行っている南スーダンの選手=令和2年10月、前橋市(川口良介撮影)

東京五輪・パラリンピックの海外選手らと地域住民が交流するホストタウンの関係府省庁連絡会議は28日、オンラインで開かれ、五輪の事前合宿に105カ国・地域の選手団7353人が参加したことが報告された。新型コロナウイルス禍で取りやめが相次いだが、最終的に214自治体が受け入れた。パラの事前合宿では52カ国・地域の選手団1735人が71自治体を訪れた。

事後交流では、五輪で22自治体に16カ国・地域の191人、パラでは13自治体に6カ国・地域の33人が参加した。

7月16日時点では、五輪・パラを契機に事前合宿や事後交流を計画していた延べ545自治体のうち、183自治体が取りやめていた。

  1. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  2. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  3. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月30日OA第43話あらすじ 悠人(横山裕)の質問に言葉を詰まらせる舞(福原遥)

  5. NHK「舞いあがれ!」舞(福原遥)の初フライトに朝ドラファン感動「涙出た」「手に汗握った」「表情いい」