社員に「自己犠牲による忠誠」を強いる時代の終焉 「5%」がもたらす変化とは

ITメディア
出所:厚生労働省「働き方改革~ 一億総活躍社会の実現に向けて ~」
出所:厚生労働省「働き方改革~ 一億総活躍社会の実現に向けて ~」

働き方改革関連法が成立したのは、2018年6月のことです。労働基準法をはじめとする8つの法律が改正され、翌19年4月から順次施行されていきました。中でも会社が優先して対応し、多くの働き手に影響を与えることになったのが、残業時間の上限規制や年5日の年次有給休暇取得義務化など、労働時間法制の見直しです。

労働時間法制の見直しについて、厚生労働省のパンフレットには「働き過ぎを防ぐことで、働く方々の健康を守り、多様な『ワーク・ライフ・バランス』を実現できるようにします」と記されています。それは裏返すと、これまで働き手は健康を損なうほど長時間労働を強いられたり、仕事に追われてワークライフバランスを実現することができていなかったりしたということです。

もちろん、長時間労働をいとわず、時間を忘れてしまうほど仕事に没頭し、昼夜を問わず働き続けたような経験がある人もいると思います。あるいは、仕事そのものが趣味という方もいるかもしれません。しかしたいていの働き手は健康を損なうほど働くことを望まず、できることならプライベートのさまざまな事情と折り合いをつけて、ワークライフバランスを実現させたいと考えているはずです。

そうした希望をこれまで諦めざるを得なかった背景には、雇う者と雇われる者との間にある、圧倒的な力の差が少なからず影響しています。弱い立場である働き手は、「健康的にほどよく働く」ことや「ワークライフバランス」といった本来の希望があったとしてもそれを犠牲にし、企業の求めに応じて健康を損なうほど働いたり、仕事一辺倒の生活を受け入れざるを得なかったりしました。働き手個人の希望は「ワガママ」と受け取られてしまい、長時間労働や意に沿わない転勤などを求められると、犠牲的精神で自らの希望を押し込め、二つ返事で引き受ける忠誠心が求められてきたのです。

そのように本来の希望を諦め、自己犠牲による忠誠を求められてしまう窮屈さには「欲しがりません勝つまでは」などの標語が用いられた戦時中に通じる精神さえ感じてしまいます。

確かに、事業運営は「戦い」です。経済環境は変化が激しく、先が見通しづらい“VUCA”の時代と呼ばれるほどかじ取りが難しい状況にあります。一糸乱れぬ統制をとって市場を勝ち抜く中で、企業としては個々の働き手のワガママを受け入れているようなゆとりなどありません。働き手の力を結集し一丸となって進んでいくには、自己犠牲をものともしない強い忠誠心で会社に尽くす姿勢を求めることは理にかなっているといえます。それが働き手の志向とも合致しているならば、うまく機能する手法であることに違いありません。

実際に、今でも多くの企業は働き手に自己犠牲による忠誠を求め、その精神が組織統制機能の軸となっています。自己犠牲による忠誠は、これまで組織を支えてきた常識だったといっても過言ではありません。ところが、そんなこれまでの常識に疑問を感じさせるような出来事がいくつも見られるようになってきました。象徴的な事例の一つが、パワハラや過労によって大手広告代理店の社員が、自ら命を絶たなければならない状況に追い込まれてしまった事件です。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  2. キッチンで使える。電気がいらない生ごみ処理機「自然にカエルS」

  3. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」