横審、最後まで白鵬に“苦言” 「相撲の取り口、審判に対する態度、土俵外での振る舞いなど、目に余ることも多く…」

横審・矢野委員長(右)と芝田山広報部長(日本相撲協会提供)
横審・矢野委員長(右)と芝田山広報部長(日本相撲協会提供)

 横綱審議委員会が27日、両国国技館で開かれ、白鵬には最後まで苦言を並べた。

 矢野弘典委員長は「横綱在任中の実績は歴史に残るものがあったと思います」とねぎらった後、「反面!!」と声に力を込め、こう続けた。

 「相撲の取り口、審判に対する態度、土俵外での振る舞いなど、目に余ることも多く、横審はそれらを指摘し反省を求めてきた。今後は弟子の育成に当たると思いますが、こうした点を反省して、相撲道のよき伝統を伝えてほしい」

 さらに「横綱というのは、もっともっと大きな責任がある。自分1人が強くなるだけではなく、相撲界を引っ張る立場。模範となる存在にならないといけない。苦言を申し上げてきたが、みんなの共通した思い。本来の相撲道をしっかり見つめ直して、それにふさわしい力士を育ててほしい」と締めた。

 もっとも、白鵬は世界中から小中学生を集め大会を開催し、弟子をスカウトするなど誰よりも育成に熱心。巡業では若い力士に胸を出し、自身のトレーニングでもサービス精神もたっぷりに会場を盛り上げ、滅多に相撲を見られない地方のファンを喜ばせてきた。慈善活動にも積極的。休場がちだったのも、横審が元横綱稀勢の里の8場所連続休場を許すという前例を作ってしまったからに他ならない。

 以前の横審委員は、部屋の稽古に足を運ぶなど積極的な動きが見られたが、コロナ禍では本場所総見も行われている気配がない。矢野委員長は新横綱Vの照ノ富士に「品格と強さを併せ持つ横綱として精進し、土俵内外を問わず多くの力士の模範になってほしい」と期待を寄せたが、本場所の土俵以外にもしっかり目を向けてほしいものだ。

zakzak

  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」