「おかえりモネ」“すーちゃん”「私、薄情かな…?」に視聴者の反応は?

野村明日美役を演じる恒松祐里 (C)NHK
野村明日美役を演じる恒松祐里 (C)NHK

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第96話が27日、放送され、女優・恒松祐里演じる野村明日美の「私、薄情かな…?」というセリフがSNSで話題になった。この日、ツイッターでは明日美の愛称「すーちゃん」がトレンド入り。明日美の気持ちを理解する視聴者から、たくさんのコメントが届いた。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公の永浦百音(清原果耶)が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。ドラマはこの日から第20週「気象予報士に何ができる?」が始まり、気象情報会社「ウェザーエキスパーツ」で働く百音が、地方営業所扱いで社員のまま地元、宮城県気仙沼へ戻ることとなり、会社の同僚らが彼女の出発を見送った。

明日美は百音の幼なじみの1人。おしゃれが大好きで、仙台市内の短大を卒業後に上京し、原宿でショップ店員として働いている。東京では、百音と一緒に築地のシェアハウス「汐見湯」で生活しており、百音が発つ前日、2人は汐見湯の部屋で飲み明かした。

地元のために働きたいという百音に対し、明日美は、「今、私の頭の中ね、こっちのことでいっぱいだよ」と切り出し、「お店任されて結構大変だし。どこの地元の人だって、普通に東京出てきたら、地元のことなんか忘れて過ごすよ。何年も経てばなおさら…。でもそれでいいじゃん」と複雑な思いを告白。そのうえで、自分は気仙沼には帰らないことを明言し、百音に「私、薄情かな…?」とつぶやいた。そんな明日美を百音は「そんなことないよ。そんなこと、思わなくていいんだよ」と優しくフォロー。明日美は涙をこらえ、「私は今、好きな人のそばにいる!それが一番大切なことだって本気で思ってるからさ」と胸を張った。百音は「すーちゃんのまっすぐで友達思いで明るいとこがずっと救いだった」とお礼を述べた。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから