巨人、新戦力上積みなしで虎に完敗…リーグ3連覇も風前の灯火か スタメンは1年前から野手7人が同じ

苦しい試合展開に首をひねる原監督=26日、東京ドーム
苦しい試合展開に首をひねる原監督=26日、東京ドーム

 巨人は26日の阪神戦(東京ドーム)で2連敗。優勝戦線の生き残りを懸けた3連戦は2敗1分けに終わり、自力優勝の可能性が消滅した。3連覇を狙った常勝軍団の退潮は、この日の先発メンバーにもくっきりと表れていた。

 中4日で先発の山口俊投手(34)が3回、大山に看板直撃の特大ソロを浴び先制点を献上。次打者に四球を与えると原辰徳監督(63)は早くも継投を開始したが、5回に3番手鍵谷がつかまり3点を追加された。反撃も1点及ばず。自力Vの可能性は吹き消された。

 指揮官は「そうですか。そこは僕らはコメントを考えることもしないしね。そのへんは評論家に聞いてもらったらどうだろうね。俺たちは別に心構えとしては全く変わらない状態で、明後日からも戦うというところですね」と強調。だがチームの勢いのなさは、試合前からライバル球団に見透かされていた。

 発表されたスタメンを見るや、他球団のスコアラーは「巨人のメンバー表を見てみなよ。ちょうど1年前とほとんど変わっていない。いかにチームが停滞しているかが表れている」と指摘。確かに昨年9月26日のスタメンと、実に野手8人中7人が同じだった。唯一の違いも左翼のウィーラーがベテランの亀井に代わっただけ。2年連続日本シリーズで全敗を喫したチームから、底上げを図った新戦力が機能せず、上積みがないままシーズン最終盤を迎えた形だ。

 対する阪神は若い力が躍動。この3連戦は「2番・遊撃」に定着したドラフト6位の中野拓夢内野手(25)=三菱自動車岡崎=が24日の第1戦でサヨナラ負けを阻止する大ファインプレーを決め、第2戦でも菅野をKOする2点二塁打を放った。今季から中継ぎに定着した高卒2年目左腕の及川は、2試合に登板して圧倒的な球威で計2回をピシャリと抑えた。

 ドラフト、FA、助っ人、さらに緊急トレードと手を尽くしたが、巨人に救世主は現れず。日本一奪回どころか、リーグ3連覇も風前の灯火だ。 (片岡将)

zakzak

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム