有本香の以読制毒

河野氏、親族企業問題で説明不足 合弁する中国巨大企業「BOE」にウイグル人強制労働疑惑 誠実な姿勢の野田氏と対照的

 自民党総裁選は終盤戦に突入した。河野太郎行革担当相と、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行は、29日の投開票に向けて、新型コロナウイルス対策や経済政策、外交・安全保障政策などで激しく競い合っている。ただ、ここに来て、河野氏の「親族企業と中国の関係」など、4候補の「アキレス腱(けん)」にも注目が集まっている。日本国民の生命と財産を守り抜き、軍事的覇権拡大を進める中国共産党政権と対峙(たいじ)できる「次のリーダー」は、一体誰なのか。ジャーナリストの有本香氏が「以読制毒(特別版)」で迫った。

 ◇

 選挙はさまざまなものをあぶり出す。事実上、次期首相を決める自民党総裁選ともなれば、政策や思想のみで闘えるほど甘いものではない。各候補の人間性や背景までが容赦なくあらわにされている。

 今日、あえて取り上げるのは、河野氏と野田氏。保守派からはまったく支持されない両氏だが、かといって「自民党内左派」と一括りするのも間違いだということが今総裁選ではっきりした。両者の違いを知るポイントは3点。

 第1は、語り口だ。筆者は野田氏の政策に賛同するところはほぼなく、中身も残念ながら浅薄(特に安全保障)なものと感じているが、それでも男性候補2人に比べ好感度は格段に高い。

 河野氏と岸田氏が万事につけ、知識の披瀝(ひれき)の後、「検討する」「議論する」とお茶を濁すのに対し、野田氏は「自分はどうするか」を語っている。政策に賛同はしないが、政治家としての覚悟を伴う「発信力」は評価したい。

 また、野田氏の「新生児70万人時代への危機感」という主張は正鵠(せいこく)を射ている。終戦直後に年間270万人だった新生児が、いま70万人台にまで減ろうとしている。将来の国民なくして国防も福祉もないことは火を見るより明らかだが、この少子化への危機感が保守派に薄く、思い切った策も出されないことは反省に値する。

  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」