「青天を衝け」大隈綾子役の朝倉あきを視聴者絶賛「日本髪&和服似合う」「のちに松坂慶子になるんだな」

大隈綾子役を演じる朝倉あき (C)NHK
大隈綾子役を演じる朝倉あき (C)NHK

NHK大河ドラマ「青天を衝け」の第28話が放送された26日、SNSで大隈綾子役を演じた女優・朝倉あきが話題になった。綾子といえば、内閣総理大臣や外務大臣を歴任し、早稲田大学の創設者としても知られる大隈重信の妻。過去にも名女優たちがこの役を演じている。この日、朝倉が見せた凛とした芝居に多くの視聴者がウットリ。ツイッターに視聴者から「美しい」「もっと見たい」などのコメントが寄せられた。

俳優・吉沢亮が主演を務め、新一万円札の顔ともなる実業家、渋沢栄一の人生を描く「青天を衝け」。この日は、栄一(吉沢)が新政府から大蔵省への出仕を求められ、それを直接断るため東京へと向かい、大隈(大倉孝二)と激論を交わすシーンがあった。綾子はその席に居合わせた。

栄一は、伊藤博文(山崎育三郎)の案内で東京・築地にある大隈邸を訪問。早速これを辞退するが、大隈から「なぜ今新政府に、君が必要なのか」と言いくるめられ、結果、この職を受け入れることになってしまう。綾子はこの場面に登場。自宅に姿を見せ、不機嫌そうな栄一を前に尻込みする夫に発破をかけたり、栄一と大隈が丁々発止のやりとりを見せるなか、離れたテーブルで伊藤と聞き耳を立て、熱弁をふるう大隈に水を差し入れしたりして、ドラマを盛り上げた。

朝倉の大河出演は、2011年の「江~姫たちの戦国~」(主演・上野樹里)、19年の「おんな城主 直虎」(同・柴咲コウ)に続く3度目。この日の朝倉の演技に、SNSには「キラリとした眼差しとお着物がとてもお美しいですね」「兎に角、朝倉あきが良いね」「朝倉あき、日本髪、和風似合うねぇ」「しっかり者の綾子さん役よくお似合い」などの声。なかには「朝倉あきが拝めるからリアルタイム視聴」「朝倉あきさんが出てるだけで大河ドラマ観る」という大河ファンや「朝倉あきちゃんをもっと出してください」と訴えるネットユーザーもいた。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから