長年愛され続けているフライトジャケットを軽量化してリメイク

MA-1の機能的なデザインを追求して作られている
MA-1の機能的なデザインを追求して作られている

ミリタリージャケットの中でも長年幅広い層に人気を誇るのが「MA-1フライトジャケット」。本来MA-1は中綿がしっかりと詰まっていて防寒性が高いため、春や秋には暑くて着る機会が少ないもの。もっとMA-1を気軽に羽織りたい。そんな思いを叶えてくれるのがこの「ROTHCO(ロスコ) MA-1タイプ ライトウェイト フライトジャケット」です。

MA-1の機能的なデザインを追求して作られている

本品は中綿をなくして作られており、通常のMA-1では暑くて着られない春や秋などでも気軽に羽織ることができます。手掛けるのは米軍への供給実績を持つ「ROTHCO(ロスコ)」社。MA-1の機能美はそのままに、現代風に見事なリメイクをしています。

MA-1の機能性に優れたディテールを継承

MA-1の機能的なデザインを追求して作られている

MA-1といえば、1950年代初頭にアメリカ空軍の戦闘機パイロットがコックピットで着用するために開発されたナイロン素材のフライトジャケット。狭い航空機の中でも動きやすいように無駄な装飾を省き、極めてシンプルに作られているのが特徴です。本品は中綿がない以外はMA-1の機能的なデザインを踏襲して作られています。

表地は光沢のあるナイロン素材。裾や袖にはリブが施されており、フロントを閉じると身体にピッタリとフィットし、風の侵入を防ぎます。両サイドにはボタン付きのフラップポケット。左袖には煙草を入れておくことができるシガーポケットやペン差しが付いているなど、機能性に優れたディテールがしっかりと継承されています。

裏地はこだわりのオレンジ色

本品は通常のMA-1同様に裏地をオレンジ色にしています。これは戦闘機パイロットが着用するために開発されたジャケットなので、遭難時に裏返ししてオレンジにすることで、上空のヘリからでも探索しやすくするための工夫と言われています。

本品は実際に裏返しにして着用することもできます。チラっとのぞくオレンジ色がコーディネートのアクセントになり、人気のポイントでもあります。

ミリタリーアイテムならではのワイルドさをもつ本品は、デニムなどに合わせたアメカジスタイルをはじめ、カジュアルなアイテムと相性抜群。男性はもちろん、女性がオーバーサイズ気味に着用するのもおすすめです。

産経ネットショップで販売する「ROTHCO(ロスコ) MA-1タイプ ライトウェイト フライトジャケット」の販売価格は1万3,200円(税込み、送料無料)。カラーはブラックとオリーブの2色展開。サイズはS、M、Lの3サイズから選べますが、米国サイズのため、日本サイズより1サイズ小さいものをおすすめします。届いてから14日以内であればサイズ交換可能(※)で、返品往復送料も1回は無料です。また、産経ネットショップのご利用が初めてで新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。

価格や商品内容などの情報は掲載日時点のものです。<産経ネットショップ>※破損・汚損・においの付着など商品に使用感が見受けられる場合、商品タグの紛失や破損がある場合は交換不可となります。ご利用ガイド「返品・交換」を必ずご確認の上、お申し込みください。


  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから