沢口靖子が「伝説の朝ドラ」時代に語っていた「トイレの神様」

ポストセブン
川野太郎が明かす「澪つくし」の秘話(共同)
川野太郎が明かす「澪つくし」の秘話(共同)

テレビ朝日系のドラマ『科捜研の女』は、シリーズ開始からすでに22年。日本のテレビ史上、類を見ない長寿ドラマとなっている。それだけ魅力の多いシリーズだが、なんといっても主役「榊マリコ」を演じる沢口靖子(56)の変わらぬ美貌と圧倒的な演技力が人気を支え続けてきたことに異論はないだろう。

沢口は高校卒業後、第1回「東宝シンデレラ」でグランプリを受賞して芸能界入り。子供の頃から地元・堺では有名な美少女だったというだけに、新人の頃から注目度は抜群。すぐに映画デビュー、歌手デビューを果たして、今日まで順風満帆の女優人生を築いてきた。その一方で、俳優以外の仕事は多くなく、トークなどでもプライベートを語ることはあまりないため、その素顔には謎も残されている。『週刊ポスト』(9月27日発売号)では、科捜研の相棒役である内藤剛志はじめ関係者の証言で沢口の魅力を解き明かしているが、本誌で紹介できなかったエピソードも多い。

沢口を一気にスターダムに押し上げたのは、デビュー2年目に大抜擢されたNHKの連続テレビ小説『澪つくし』(1984年)だった。大正末期から戦中の千葉県銚子市を舞台に、旧家の令嬢と漁師の若者の純愛を描いた“和製ロミオとジュリエット”でヒロインの「かをる」を演じた。

「沢口さんの初期の代表作ですが、当時のNHKプロデューサーが『誰からも愛される美人』として沢口さんを朝の顔に抜擢した。最高視聴率は55.3%を叩き出し、『おしん』に続く大ヒットとなりました」(コラムニストのペリー荻野氏)

その沢口の相手役である「惣吉」を演じたのが、こちらも新人だった川野太郎。初々しい二人の演技は、バブル経済で「自由恋愛」が謳歌される時代に、時ならぬ「純愛ブーム」を巻き起こしたのである。川野が当時の沢口とのエピソードを改めて明かした。

  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で