犠牲多数の尾根に初の慰霊登山 御嶽山噴火、27日で7年 - イザ!

メインコンテンツ

犠牲多数の尾根に初の慰霊登山 御嶽山噴火、27日で7年

産経ニュース
噴火後初めて御嶽山の「八丁ダルミ」を訪れ、発生時刻に合わせ黙とうし手を合わせる遺族ら=26日午前11時52分
噴火後初めて御嶽山の「八丁ダルミ」を訪れ、発生時刻に合わせ黙とうし手を合わせる遺族ら=26日午前11時52分

58人が死亡、5人が不明になった平成26年の御嶽山(長野、岐阜両県)の噴火は27日で丸7年。遺族ら4家族8人が26日、多くの犠牲者が出た尾根「八丁ダルミ」に初めて立ち入り、慰霊登山した。規制区域だが、特別に許可された。遺族らは山頂へ続く尾根で花を手向け、発生時刻の午前11時52分に黙禱(もくとう)をささげた。

王滝頂上(2936メートル)と山頂(剣ケ峰、3067メートル)の間に広がる八丁ダルミは、火口から近いために、多くの登山者が噴石が当たるなどして犠牲になった。

山頂への長野県側からの主な登山ルートは木曽町と王滝村に位置する。木曽町側は30年9月に山頂までの登山道が解禁された。王滝村側は昨年8月に王滝頂上までが登山可能になった。王滝村はシェルター2基を設置する計画で、来年9月ごろまでに王滝頂上から八丁ダルミを経て山頂に至る登山道の再開を目指している。

  1. 最も利用するスマホ決済 3位「楽天ペイ」、2位「d払い」を抑えた圧倒的1位は?
  2. マイナカード促進へ「3万円」付与 衆院選で公約
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【岸田首相記者会見】「Go To再開へ準備」