ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!

ワクチン推進に徹した「仕事師」菅内閣 「1億本確保」のため日米首脳会談に活路

緊急事態宣言の延長を発表する菅首相=9日、官邸
緊急事態宣言の延長を発表する菅首相=9日、官邸

 自民党総裁選が注目される一方、菅義偉首相の実績も考察されています。新型コロナ対策の緊急事態宣言延長を説明した9日の記者会見は、珍しく情に訴えるような口ぶりでした。

 政権の来し方を振り返り、「私自身が内閣総理大臣に就任して1年がたつが、この間、まさに新型コロナとの戦いに明け暮れた日々だった。『国民の命と暮らしを守る』。この一心で走り続けてきた」と切り出し、「本当にありがとうございました」と深々と頭を下げていました。

 コロナとの戦い。それは、何をやっても批判され、何もしなければ事態が悪化し続けるという「無理ゲー」でした。そこで、唯一武器となったのはワクチンです。ただ、これも「不安だ」「遅い」「足らない」とたたかれ、やはり何をしても批判を浴びました。

 遅いのには理由があり、米製薬大手ファイザーが治験を始めた当時、日本は感染者数が欧米と比べて2ケタ違い、後回しでした。

 ただ、今月初めにインタビューした河野太郎ワクチン担当相は「ファイザーは、米国在住の日本人を国際治験の中に入れてくれていた。日本の駐在員や留学生などを百数十人集めて実施していて『日本人も取ったデータがあるよ』ということだった」と明かしました。これを活用すれば、ワクチン接種は早まる可能性もありました。

 しかし、「厚生労働省が『米国と日本では食べ物なども違うからダメだ』といい」治験データが不十分とされ、「再度、昨年10月に日本で160人の治験をやった」(河野氏)そうです。

 以前、昨年の臨時国会での野党の主張を紹介しましたが、厚労省の主張と軌を一にしています。そして、しっかりとした国内治験を行うことが、改正予防接種法の付帯決議に盛り込まれました。

 接種開始が先進各国に2カ月遅れたため、日本がスタートするころには国際的なワクチン争奪戦が展開されていました。契約しても、ワクチンが入ってくるのか危惧されました。そこで活路としたのがトップ交渉です。

 菅首相の4月訪米は、ジョー・バイデン大統領との首脳会談での対中連携が注目されました。ただ、当時、内閣官房参与だった高橋洋一氏は、帰国後の首相の一言を強烈に記憶していました。

 高橋氏は「菅首相は最初に『ワクチン1億本確保』と言った。バイデン氏に会いに行ったのに、1億本の話が先だったので、米国へはそのために行ったのかなと思いました」と語っていました。

 まさに「仕事師」に徹し、ワクチン確保に奔走した菅内閣ですが、国民の情に訴えて行動を促すことはしませんでした。

 英歴史家のニーアル・ファーガソンは、感情が理性に勝る民主主義を「エモクラシー(感情主義)」と表現しましたが、今はエモクラシーの才能がかつてないほど求められる時代なのかもしれません。「男は黙って」去っていくのは、時代かもしれませんが苦い後味です。

 ■飯田浩司(いいだ・こうじ) 1981年、神奈川県生まれ。2004年、横浜国立大学卒業後、ニッポン放送にアナウンサーとして入社。ニュース番組のパーソナリティーとして、政治・経済から国際問題まで取材する。現在、「飯田浩司のOK!COZY UP!」(月~金曜朝6-8時)を担当。趣味は野球観戦(阪神ファン)、鉄道・飛行機鑑賞、競馬、読書など。

zakzak

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから