松屋の牛めし価格改定にさまざまな反響 焙煎七味終了を惜しむ声や「カレーか定食しか食べない」との松屋ファンらしいコメントも

iza

“プレミアム派”の意見で目立ったのは、黒胡麻焙煎七味に関する声。「値上げや変更は色んな理由でしゃーないけど、焙煎七味は残してほしい」「黒胡麻焙煎七味も終了になってしまうのが一番泣けてくる」と、終売にともなって黒胡麻焙煎七味が提供されなくなることを残念がる書き込みが少なくない。なかには「七味が本体なのに、、、」とまで言い切るファンも。

一方で、「昔のは…ゴムみたいだったけど、それが好きだった…噛めば味がでる…密かに昔のに戻して欲しいと思っている…」「自分は昔の牛めしの方が好きだったから全然ok」など、オリジナル牛めしを推す声も散見された。

関東以外のエリアなど、プレミアム牛めしの扱いがなかった店舗の利用者からは、「プレミアム牛めしって、こっちでは売ってない 320円から60円も値上げするのか」「関西も380円時代到来かよ」といった反応が多くあがっており、単純な値上げに近い受け止め方がされているようだ。

並盛りで320円という従来の価格は、大手の競合他社との比較で30~110円安かったことも大きな魅力だったため、「他より安いから行ってたけど吉野家とほぼ同じ値段になるなら吉野家行く」とのシビアなコメントも。

ただ、「チルド牛肉は在庫を何ヶ月分も持てないから相場が原価に与えるスパンが短い。松屋がいち早く値上げしたのはそのため」「カレー系メニューで積極的に鶏肉を使いまくってる背景の一因が牛肉の値上げ云々だったのかと考えるとなんとなく納得できる」と、食肉価格の高騰にともなう値上げとして理解を示すツイ民も見受けられた。

ここ数年、松屋では、ジョージアの郷土料理「シュクメルリ」や「世界一おいしい料理」と言われる「マッサマンカレー」などを松屋流にアレンジした定食やカレーメニューに力を入れ、好評を博している背景から、「松屋は世界の料理かカレーしか食べないw」「だいたい定食頼んじゃう」「大丈夫、松屋はカレー屋だ」など、牛めしの価格改定によるダメージを受けない松屋ファンもいるようだ。

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走