テドロス氏再任を独仏支持、WHOトップ選で候補指名

産経ニュース
WHOのテドロス事務局長(AP)
WHOのテドロス事務局長(AP)

在ジュネーブのドイツとフランスの政府代表部は24日までに、世界保健機関(WHO)事務局長選に向け、現職のテドロス事務局長(エチオピア)を候補者として指名したとツイッターで明らかにした。

候補者届け出は23日で締め切られたが、WHOは候補者を10月末以降に公表するとしており、テドロス氏の対立候補がいるのかは不明。候補者が複数出た場合には来年5月のWHO総会で、投票で選ばれる。

WHO事務局長は任期5年で、再選は1回だけ可能。テドロス氏は2017年に就任し、来年に1期目の任期を終えるため去就が注目されていたが、記者会見で再選に向けた意思を問われても、回答を避け続けてきた。(共同)

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表