ツイッターでも“投げ銭”登場 「チップ機能」に「推しを応援!」「ぜひぜひ投げたいですね」「お世話になってるツイッタラーに送れる」と好感触

ツイッターのロゴ
ツイッターのロゴ

ツイッターで提供が始まった「チップ機能」がユーザーたちの間で話題になっている。一般的に“投げ銭機能”と呼ばれるもので、SNSで「えっ、Twitterで投げ銭機能だと…!?」「とうとうTwitterにも投げ銭機能が!」などと注目を集めている。チップ機能は24日からスタートした。

ツイッタージャパンのブログでは、「何らかのサポートを募る人々が、プロフィールやツイートに決済サービスのリンクを掲載できるようになりました」と紹介。暗号資産(仮想通貨)のビットコインでの送金も可能で、いくつかの決済サービスプラットフォームを通して、チップを気軽に送れる機能だと説明している。活用シーンとして「お気に入りのアカウントにささやかなお礼をしたい、面白おかしいツイートで笑わせてくれる新進気鋭のコメディクリエーターへの愛を示したい、困難な状況にある中小企業の経営者を支援したい、意義のある活動に寄付したい」と具体例を挙げ、「チップ機能を役立ててください」と呼びかけた。

同機能は、今年5月に「Tip Jar」の名称でテストを開始したが、「チップ(Tips)」に改めて正式にリリース。プロフィールページで、フォローボタンの隣にチップアイコンが表示されていれば、そのアカウントのチップ機能は有効だ。また、「Twitterは手数料をいただきません」としている。

なお、同機能はiOS版での提供が開始となったが、Android版については数週間後の実装を予定。また、チップ機能を有効化したり、送信できるのは18歳以上となる。

  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」