自民党総裁選候補4氏が食料危機問題で小学生の質問に答える 高市氏「早苗おばちゃんはエビのしっぽを食べる」

サンスポ
タウンミーティング「国民の声に応える政策討論会」に臨む高市早苗前総務相=25日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)
タウンミーティング「国民の声に応える政策討論会」に臨む高市早苗前総務相=25日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)

自民党総裁選に立候補した4氏が25日に参加した党主催のオンライン討論会で、子供たちから食糧危機問題に絡む質問に各氏が答える一幕があった。

「大人になったら虫を食べなきゃいけない?」との問いに、河野太郎行革担当相(58)は「大豆からお肉が作られる技術ができていて、お昼ご飯に食べたらお肉みたいな味がしました。牛がいないのに牛肉ができる技術も進んでいます」と解説。岸田文雄前政調会長(64)は「タンパク質を食べていくには、自然を守っていかなければなりません」と訴えた。

野田聖子幹事長代行(61)は「岐阜県に住んでいて、昔から虫を食べている。しょうゆと砂糖で煮るとおいしい」と明かし「自分の食べ物は自分で作れる安心の国を作ってほしい」と呼びかけた。

「エビフライのしっぽは残していいのか」と質問された高市早苗前総務相(60)は「早苗おばちゃんはエビのしっぽは食べるけど、頭は食べません。目が合っちゃうと気の毒になっちゃって」と告白。「食べられるところは食べられるようになりましょうね」と説いた。

  1. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  2. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  3. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  4. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走