NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月26日第28話あらすじ 大蔵省への出仕を求められる栄一

渋沢栄一(吉沢亮、右)と伊藤博文(山崎育三郎) (C)NHK
渋沢栄一(吉沢亮、右)と伊藤博文(山崎育三郎) (C)NHK

俳優の吉沢亮が主演を務め、「日本資本主義の父」と言われ、新一万円札の顔ともなる実業家、渋沢栄一(篤太夫)の人生を描くNHK大河ドラマ「青天を衝け」(毎週日曜 BSプレミアム・午後6時~、NHK総合・午後8時~)。これまでの内容を振り返りながら、26日に放送される第28話のあらすじを紹介する。

先週の第27週「篤太夫、駿府で励む」で、栄一(篤太夫)は、駿府藩の勘定組頭を命じられるが、水戸にいる徳川慶喜(草なぎ剛)の弟、昭武(板垣李光人)のことを思い、これを辞退する。しかし、この命が慶喜の配慮であることを駿府藩中老の大久保一翁(木場勝己)から聞かされ、駿府に残る決断をした。

駿府藩の財政が危機的状況にあることを知った栄一は、パリで学んだ知識を生かし、武士と商人が力を合わせて商いを営む「商法会所」を設立。藩の財政改革に乗り出す。そして栄一は妻の千代(橋本愛)と娘のうた(山崎千聖)を呼び寄せ、一緒に暮らし始める。

一方、箱館では、従兄の渋沢喜作(高良健吾)や元新選組副長の土方歳三(町田啓太)らが、新政府軍を相手に決死の抵抗を続けていたが、劣勢に追い込まれていた。その後、箱館の五稜郭が開城。土方は喜作に「お主は生きろ」という言葉を残し戦死した。これで徳川と新政府軍の戦いが終結した。

このころ、東京・築地では、大隈重信(大倉孝二)が、自宅に伊藤博文(山崎育三郎)や、実業家の五代才助(ディーン・フジオカ)を呼び、箱館戦争の終結を喜んでいた。そこで大隈は、フランスの銀行オーナー、フリュリ・エラール(グレッグ・デール)から届いた手紙を五代に見せた。そこには、栄一の名があった。伊藤は、栄一によって駿府藩が利益を出していることを指摘。そして、栄一のことが書かれた記事を五代に見せた。そこには、栄一が、昭武の留学に随行し渡仏・帰朝したが、自分の才覚で4万両の利益を蓄え、これをすべて駿府藩に配分したと書かれていた。大隈はこの事実に驚きの声をあげ、五代も栄一の名を自分の胸に刻んだ。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから