「純烈」被害も“氷山の一角”深すぎる暴走ファンの闇 切り刻んだ男性用下着と「無傷では終わらせない」の手紙 脅迫容疑で65歳女逮捕

 男性アイドルグループ「純烈」のリーダー、酒井一圭(46)に包丁や切り刻んだ男性用下着のほか、「無傷では終わらせない」と書いた手紙を郵送し、脅迫容疑でファンクラブ会員の65歳の三井由起子容疑者が警視庁に逮捕された。熱烈なファンが暴走するというのは、実際よくあることだという。恐ろしすぎる暴走ファンの実態はちょっとしゃれにならない。

 調べに対し、三井容疑者は「自分が応援していた後上翔太に対する酒井の態度が気に入らず、改心してほしいと思ってやった」と供述しているという。

 芸能プロダクション関係者によれば、こうした行為は、男性アイドルのファンにとっては氷山の一角だという。元ジャニーズタレントと仕事をしていたら、ファンの女性に嫉妬されて、攻撃対象にされたプロダクション関係者は恐怖の体験をこう語る。

 「『私が誘っても会ってくれないのに、あなたと彼が頻繁に会っているのは、何かあるに違いない。同性愛カップルなんですか?』というメールがファンの女性からいきなり届きました。無視していたら、掲示板に誹謗(ひぼう)中傷を投稿されたり、嫌がらせの空メールを大量に送りつけられたりしたので、警察に被害届を出して、警官に厳重注意してもらいました。でも、転居して警察の管轄が変わると攻撃が再開し、当惑しました」

 人気ロックバンドのメンバーは、診察を受けた病院からファンに尾行されたという。

 「マンションの自室の鍵を開けようとしたら、背後に見知らぬ女性が立っていたんです。病院職員にもオレのファンがいて、個人情報を共有されていたんです。バンドのメンバー交代に関して直談判したかったらしいんですが、オレに言われても困るって…」

 ある俳優は、自宅のポストに1枚のCD-Rが投函(とうかん)されていた。

 「方言の役作りに関する資料用のCD-Rをマネジャーが自宅ポストに入れてくれたのですが、それがすり替えられていたんです。ファンの女性が、僕を相手に自身で録音したらしい妄想恋愛の音声ドラマのCD-Rをポストに入れていたのです。深く関わりたくないから被害届も出さなかったけど、本当にゾッとしましたね」

 暴走ファンの闇は深すぎる。

zakzak

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから