EUのスマホ充電「USB type-C」統一法案 iPhoneユーザーからは歓迎の一方「無線充電だけになる」との予想も

USB type-C端子(上)とアップルの独自規格Lightning(ライトニング)端子
USB type-C端子(上)とアップルの独自規格Lightning(ライトニング)端子

欧州連合(EU)の政策執行機関・欧州委員会は現地時間の23日、域内で発売されるスマートフォンなどの電子機器の充電用端子を「USB type-C」規格に統一する法案を発表した。これを受け、ネットニュースのコメント欄やツイッターには、充電用端子に独自規格の「Lightning(ライトニング)」を採用するアップル製スマートフォン「iPhone」のユーザーからさまざまな反響が寄せられている。

この法案によって、不要な充電器やケーブルといったゴミの削減や消費者の利便性向上を図るという。規格統一には欧州議会の承認が必要だが、2022年6月までに可決、2024年から施行される見通しとの報道もある。

USB type-Cは、小型で耐久性と汎用性が高く、高速充電も可能な設計の規格。スマホやタブレット、PCなどの電子機器で採用が進み、特に「Android OS」で動作するスマホでは、最新機種が軒並みUSB type-Cを採用して、事実上の標準規格になっている。これに対し、独自OSの「iOS」で動作するiPhoneでは、2012年に発売された「iPhone5」からきょう発売になったばかりの最新機種「iPhone13」シリーズまで、一貫してLightning端子が採用されており、法案可決後のアップルの対応に注目が集まっている。

このニュースを受け、ツイッターやネットニュースのコメント欄には、iPhoneユーザーからの反響が相次いだ。「軽いApple信者ですがiPhoneや(同社のワイヤレスイヤホン)AirPodsのLightningは本当に早くやめてType-Cにしてほしいと心から願ってます」「充電器ぐらいはそろえてほしい」「そもそも(同社のタブレットPC)iPadではUSB-Cを使用しているわけですから、なにも問題ないでしょう」など、これをきっかけにiPhoneの端子がUSB type-Cに変更されることを期待する声が多く見受けられる。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム