使い方はくるくる回すだけ。テレビを見ながら磨けるおすすめの爪やすり

凹んでいるやすり部分に指を入れてクルクル回すだけ
凹んでいるやすり部分に指を入れてクルクル回すだけ

定期的に必要となる爪のお手入れ。爪切りの扱いがうまくいかなかったり、視力が悪い、あるいは、老眼などで見えづらく、深爪してしまうようなことはありませんか。そんな方におすすめなのがこの「足立工業 刃物の町で作られた すり鉢型爪やすり」です。

凹んでいるやすり部分に指を入れてくるくる回すだけ

本品はすり鉢状にやすりを加工しためずらしいタイプの爪やすり。この形状が簡単にお手入れできる秘密です。使い方は凹んでいるやすり部分に指を入れてクルクル回すだけ。スティック状ではないため、利き手を気にすることなく左右どちらでも使いこなすことが出来ます。削り面は「粗削り面」と「仕上げ面」があり、細かく形状を整えたり、側面を使用すれば爪の長さや裏面なども調節・お手入れできます。

デリケート(爪が弱い方)な爪にもおすすめ

爪がデリケートな方は切ったときに割れてしまい、衣類の繊維に引っかけて痛めてしまったり、肌を引っかいて傷つけてしまったりしてしまうことも。デリケートな爪はやすりを使用して繊細なお手入れが必要。しかし、爪やすりを使用してお手入れをしようとしても、当てる角度が難しかったりと、意外に使いこなすのは大変です。本品なら角度も気にせずにクルクルと爪に当てて回すだけでお手入れが可能。デリケートな爪にも適しており、削りすぎて深爪になる心配もほとんどありません。

手元を見なくてもお手入れしやすい。ながら爪やすりもできる

スティック状の爪やすりでお手入れする場合は、爪先に視線や意識を集中する必要がありますが、本品ならテレビを見ながらでも、お喋りしながらでも使えるので時間も節約できます。

刃物の名産地で作られたこだわりの逸品

製造は刃物の名産地で知られる岐阜県関市で30年以上、伝統の刃物技術を生かしたプロ向けの理美容はさみや剃刀などを手掛ける足立工業。素材や形状、仕上げなどにこだわり、熟練の職人が手仕事で生産しています。長年の試行錯誤の末、出来上がった本品は、爪やすりとしての多機能性も兼備し、プロのネイリストや呉服屋さんにも好評の新しいタイプの爪やすりです。

産経ネットショップで販売する「足立工業 刃物の町で作られた すり鉢型爪やすり」の販売価格は5,500円(税込み、送料無料)。価格や商品内容などの情報は掲載日時点のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。<産経ネットショップ>

  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」