シンガー・ソングライター伊勢正三「聴くと元気だった頃の久保やんの顔が浮かんでくる」 キャリア50周年記念ベストアルバム22日発売

 “正やん”の愛称で親しまれているシンガー・ソングライター、伊勢正三(69)にとってはショックなキャリア50周年となった。「風」のメンバーで盟友の大久保一久さん(享年71)が急死したのだ。16日に営まれた告別式に駆けつけた伊勢は、「よく電話で話していた。とても元気だったの…」と肩を落としていた。

 キャリア50周年を記念して“軌跡”のオールタイム・ベストアルバムを日本クラウンとフォーライフから22日に同時発売される。「あの日のままの、あの日の音をそのまま」に完全オリジナル音源を最新のリマスターでよみがえらせた。「改めて聴くと、元気だった頃の久保やんの顔が浮かんでくる」と伊勢。

 アルバムは日本クラウン盤が1971年から80年までが中心の『伊勢正三の世界~PANAMレーベルの時代~』。フォーライフ盤はデビューから現在までのライブアルバム『THE伊勢正三 50th・LIVE COLLECTION』。

 フォーライフ盤は当初、3枚組を考えていたが、編集作業を進めるうち「それでは収まり切れないうれしい誤算」(伊勢)。試行錯誤する中、最終的に4枚組のアルバムとなった。

 伊勢のデビューは71年9月25日に南こうせつ(72)、山田パンダ(76)と結成した「かぐや姫」だった。その後、フォークグループ「猫」のメンバーだった大久保さんと結成したのが「風」だった。

 「かぐや姫を解散してソロ活動を始めようとしたが、一方で誰かとコンビを組むことも考えていた。そんなときにグループを解散したばかりの大久保さんと知り合った」ことがキッカケ。「風」のデビュー曲が「かぐや姫」時代に書き下ろした「22才の別れ」だった。

 80年からはソロに転じたが、「ソロになった後も、たびたび正ちゃんのコンサートに大久保さんが駆けつけたことがあった」(音楽関係者)。2008年には「再結成」で動いたが「リハーサル中に倒れてしまった」(同)という。

 大久保さんを励ますように伊勢は精力的に全国各地をライブで回った。

 「実は久保やんと一緒に回る予定だったコンサートをその後、1人でやったんです。久保やんの書き下ろした曲もセットリストに入れ、久保やんのパートも僕が歌う形でコンサートをしました」

 大久保さんの出棺の際、伊勢はつぶやいた。

 「久保やんが亡くなったというとき、偶然ですけど、僕は『風』の映像を見ていたんですよ」

zakzak

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから