東大職員、不正受給で解雇 偽造診断書で病休取得

産経ニュース
東京大学安田講堂
東京大学安田講堂

東大は24日、令和元年10月から今年5月まで偽造診断書で病気休暇を取得したり休職したりし、給与約450万円を不正に受け取ったとして、事務職員の50代男性を懲戒解雇にしたと発表した。処分は22日付。

東大によると、男性職員は元年10月以前に病気休暇を取っていたが、医療機関から「休養を要する」との診断書を継続して発行してもらえなかったため、1通目をコピーするなどして計25通の偽造診断書を大学側に提出した。

紙の質などに違和感を覚えた担当者が医療機関に問い合わせて発覚した。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿