江口のりこ主演ドラマ主題歌に優里 戸次重幸と中村ゆりは3年ぶりの木曜劇場

江口のりこと赤楚衛二が初共演する「SUPER RICH」(C)フジテレビ
江口のりこと赤楚衛二が初共演する「SUPER RICH」(C)フジテレビ

江口のりこ主演で赤楚衛二、町田啓太、志田未来、古田新太ら豪華キャストがそろう10月14日スタートの木曜劇場「SUPER RICH」(木曜後10・0、フジテレビ系で初回15分拡大)に戸次重幸と中村ゆりが新たに出演する。

戸次重幸と中村ゆりは3年ぶりの木曜劇場となる(C)フジテレビ
戸次重幸と中村ゆりは3年ぶりの木曜劇場となる(C)フジテレビ

また、男女の別れを女性目線で描いたロックバラード「ドライフラワー」が、日本人アーティスト最速でストリーミング累計4億回再生を突破したシンガー・ソングライター、優里が主題歌を担当するが決まった。優里にとって自身初の地上波ドラマの主題歌となるタイトルは「ベテルギウス」だ。

優里が主題歌「ベテルギウス」を書き下ろした
優里が主題歌「ベテルギウス」を書き下ろした

ベンチャー企業の破天荒な女性社長・氷河衛(江口)を描く完全オリジナルドラマ。戸次は共同CEOであり、衛の人生に大きな影響を与えた一ノ瀬亮。中村は財務責任者で衛の親友的存在の今吉零子を演じる。

ともに3年ぶりの木曜劇場となる2人は「台本を読んで思ったのは“やはりお金が絡むお話は面白い“。”良い感じにライトに、ごくたまに真面目に”と心がけている。彼の内面にあるであろう衛に対する劣等感も忘れずに日々取り組みたい。1話の最後にとんでもないことをやらかし、それによって物語が進んでいくのでお楽しみに」(戸次)「今吉は責任感があり真面目で真っ直ぐな人なので、時にはそんな自分に苦しむことも。自分が信じたもののために不器用にも純粋に演じられたら」(中村)とそれぞれ抱負を語った。

江口についても「関西弁のキャラクターということもあるのか、素の時と演技されている時のギャップが全くないという印象」(戸次)「10年前に舞台で共演してからのお付き合いで楽しくて笑いっぱなしだが、知れば知るほどシャイでかわいい一面があり大好き。親友役として“もう全身全霊、私が支えちゃう”という思い」(中村)と共演を楽しんでいる。

一方、主題歌を担当する優里は「主人公やストーリーからイメージして人と人のつながりや絆をテーマにした曲になっている。みなさんの心に届いたらうれしい」とコメントし、江口も聴きながら「私も頑張らないとな、と思った。ドラマにぴったりの曲」と返した。

また、赤楚も「『ベテルギウス』はドラマの会社名の由来でもある“星”にちなんでいるそう。イントロと優里さんの裏声がすごくきれいでサビもかっこよくてすてきな曲」と付け加え、金城綾香プロデューサーは「今、不安や混沌に苦しむ日本を元気付けてくれるすばらしい曲になった」と語った。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム