おかえりモネ、“暴走”俺たちの菅波「見せつけますか?」に坂口健太郎の心境は…?

坂口健太郎
坂口健太郎

現在放送中のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」に主人公の恋人、菅波光太朗役で出演している俳優の坂口健太郎が24日、同局の情報番組「あさイチ」に生出演。SNSで話題になった「おかえりモネ」の“名シーン”「見せつけますか?」について振り返り、撮影に挑んだ際の心境などについて振り返った。坂口のコメントにSNSも沸き、ツイッターではこの日も「俺たちの菅波」がトレンド入り。視聴者からコメントが殺到した。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公の永浦百音(清原果耶)が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」で、百音の恋人で医師の菅波役を演じている坂口。この日は、「あさイチ」のプレミアムトークのゲストとして生出演し、収録秘話などを明かした。

百音を思う上での真っ直ぐなセリフや、男らしい言動で視聴者を胸キュンさせたかと思えば、2年以上も百音の名前を「ももね」ではなく「もね」だと勘違いする“天然な”一面も持ち合わせるなど、その存在がネットで「俺たちの菅波」などとイジられ、愛されている菅波。生放送では、菅波にまつわる名シーンが紹介され、そのなかで、第81話(6日放送)で描かれたワンシーンが話題になった。

2016年のクリスマスイブ、百音は休みをもらい、上京後、初めてかつて働いていた宮城県登米市を訪問。下宿先の家主、新田サヤカ(夏木マリ)をはじめ、米麻町森林組合のかつての同僚たちが、百音と「よねま診療所」で働く菅波の仲を祝福した。パーティーが終わり、ソファに腰掛けて言葉を交わす2人。お互いの気持ちを伝え合い、恋愛関係になった百音と菅波の様子を部屋の外から、森林組合の面々が隠れて見守っていた。

菅波は、背後に気配を感じ、百音に「見てますねぇ…。完全に見てます。気配がありありです」と一言。そして、百音に近付くように座り直し、「どうしますか?…見せつけますか?」とささやいた。菅波の言葉に、百音は照れ笑いを浮かべながら、首を横に振った。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから