長澤まさみ「田中みな実とは違う」ガッカリ写真集でもブレない信念

ポストセブン
白のトップス、ホテルを出る長澤まさみをキャッチ
白のトップス、ホテルを出る長澤まさみをキャッチ

何人ものスタッフたちの見送りを受けながら、都内のホテルから出てきたのは、白の半そでのトップスに黒のロングスカート、サンダル姿の女優の長澤まさみ(34才)。顔の小ささと、長いスカートながら腰高な着こなしで、ヒールではなくても、実際の足の長さが伝わってくる1枚だ。

8月下旬。木村拓哉(48才)との共演映画「マスカレード・ナイト」のPR活動もあり、少しお疲れ気味な表情だったが、スタスタと足早に歩き去っていった。

今年も2月からヒール役として出演し、その演技力が高く評価された映画「すばらしき世界」が公開されるなど、相変わらず多忙だが、中でも8月5日に発売された、デビュー20周年を記念した9年ぶりの写真集「ビューティフルマインド」が話題を呼んでいる。3人のカメラマンによって、さまざまな表情を撮られた“表現者・長澤まさみ”の集大成的な内容だ。

ある芸能関係者は「お笑い芸人との対談記事や、映画監督の西川美和さんによる企画なども掲載された全288ページにも及ぶ大作で、渋谷パルコでは発売記念写真展まで開催されるほど派手なプロモーションが展開されました」と話した。

ところが、いざ蓋を開けると、ファンの反応は賛否両論の差が大きく、ネット販売ページのレビューには低評価のコメントが多く書き込まれる事態に。オリコンが発表した初週売上部数は、前日の8月4日に発売されたフリーアナウンサー鷲見玲奈(31才)の初写真集「すみにおけない」の1万2477部に大差をつけられた4931部で、週間写真集ランキング3位となっていた。

低評価のレビューには「作り手側の自己満足を押し付けてくる作品」、「普通の写真集を求めていた私には期待外れ」、「写真集ではなくアート」と失望のコメントが並んでしまっている。

長澤といえば、この15年間は、綾瀬はるか(36才)とともにスタイル抜群な女優の二大巨頭として、もてはやされてきた。6年前の日刊スポーツ映画大賞の授賞式では、シースルーでボディラインがくっきりのセクシードレスで登場して、翌朝の各紙で大きく報じられたほど。前出の芸能関係者は「本人も周囲の視線を熟知して、過去にそれを生かす場面もあったので、写真集も水着やランジェリー姿を期待していたファンが多かったわけです。露出あるカットが無かったことで、がっかりされてしまった」と説明した。

ある映画配給会社関係者は「長澤さん本人としては、そのような性的な見られ方をしたいとは思ってないのでしょう。アラサーの写真集といえば、2年前に田中みな実さん(34才)のセミヌードが有名ですが、同じステージを目指しているわけでは無いのです。むしろ、写真集=セクシーと捉えられることに対するアンチテーゼの意味もあったのかもしれません」と代弁する。

田中の写真集は、発行部数70万部、売上50万部とオリコン写真集年間売上ランキング歴代1位の大ヒットを記録していたが、長澤はトップ女優としてお色気を売りにする気は毛頭なかったわけだ。

「もちろん、この結果はさすがに予想外だったでしょうが、3月には映画『MOTHER マザー』で悲願の日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞と、女優として最盛期に入っています。彼女はあくまで女優という信念を持っています。写真集も、クリエイティブな彼女の魅力は詰まっているものなので、20周年の集大成に相応しいものだったと思いますよ」(前出・映画配給会社関係者)

まずは、この秋はキムタクとの名コンビで再び映画をヒットさせてみせる。

関連記事
  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 「枝野さん、議論しろよ」 安倍前首相が憲法シンポで改憲議論呼びかけ