佐藤健が告白、妹とは緊張関係「佐藤健が兄だと周囲には伝えず」

ポストセブン
妹の周囲に兄であることがあまり知られていないという佐藤健
妹の周囲に兄であることがあまり知られていないという佐藤健

「たーちゃん」──CM、映画、ドラマ、各方面から引っ張りだこの佐藤健(32才)を、こう呼ぶ女性がいる。彼女でもない、友達でもない、母親でもない。その女性とは、4才年下の妹だ。9月10日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に佐藤がゲスト出演した。

佐藤といえば『恋はつづくよどこまでも』(2020年、TBS系)が大ヒット。9月15日発売の雑誌『an・an』でも6年ぶりに表紙を飾り、デビュー15周年という節目の年を充実させている。

番組では、将来のことや、生活スタイルなどのプライベートなことからドラマの裏話まで赤裸々告白。なかでも盛り上がりを見せたのは、妹(28才)についての話題だった。

中居正広(49才)からの「(妹とは)どんな距離ですか? すっげぇ自慢してると思うよ」という問いには、苦笑気味に「多分ね、(佐藤の存在を)言いたくないタイプの妹」という返答。重ねて、「ぼくの存在が、どっちかというと邪魔してるタイプだと思います」と話した。

妹は佐藤とよく似ていて、目がクリッと大きく、かなりの美肌の持ち主で、女優でいうと波瑠(30才)に似ているという。彼女は佐藤の出演作品をほとんど話題にしないというが、興味がないわけではなさそうだ。先の『金スマ』で佐藤はこう明かしていた。

「妹はドラマとか映画とか好きなんですよ。だからミーハーな質問をしてきます。『あの漫画実写のあの役は誰がやるの?』とか、業界の事情とか聞いてきますね。『あれって実際どうなの?』とか(中略)多分、自分の作品も観てるんじゃないかな……」

1989年に埼玉で生まれた佐藤は女系家庭に育った。

「母、妹、祖母とともに、決して広いとはいえないアパートで女性たちに囲まれて暮らしていました。裕福とはいえなくても、家族仲は本当にいい。妹さんは一気に大スターになったお兄さんのことが照れくさいというか、恥ずかしいみたい。

仲がいい数人にしか佐藤健が兄であることを伝えていないようで、応援はするけど、周囲にはそれを一切見せないという“緊張状態”のようです。呼び方は小さいときから変わらずで、ずっと“たーちゃん”と呼んでいますね」(佐藤家の知人)

番組で佐藤は今後の目標として、こんなことを語っていた。

「日本の作品を、日本だけじゃなく世界中に観てもらえるようにしたいんですよ。自分たちが作った作品を広げたいというか。自分の30代はそこに捧げたいと思っているんですよね」

輝く兄の姿を、妹はきっと誇らしく見守るに違いない。

※女性セブン2021年9月30日・10月7日号

関連記事
  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」