比嘉愛未らが涙のクランクアップ 「推しの王子様」23日最終回

花束を手に涙のクランクアップとなった比嘉愛未(右から3人目)ら(C)フジテレビ
花束を手に涙のクランクアップとなった比嘉愛未(右から3人目)ら(C)フジテレビ

比嘉愛未主演の木曜劇場「推しの王子様」の最終話が23日午後10時20分からフジテレビ系で放送される。

このほど、約3カ月に及ぶ撮影を終え、比嘉をはじめ、渡邊圭祐、ディーン・フジオカ、徳永えり、瀬戸利樹、佐野ひなこ、谷恭輔のクランクアップの様子が紹介された。

ゲーム会社「ペガサス・インク」のメンバーがそろい、ラストカットのOKが出ると、スタジオは温かい拍手に包まれた。比嘉は「最初は不安もあったが、引き受けたからには“全力でやりきろう。むしろ、みんなを引っ張るぐらいの気持ちで挑もう”と思った。みなさんの優しさに支えられてここまでやってこられた。過ごした時間と経験は本当にかけがえのないものになり、出会えたことが私の宝物。こんな気持ちにさせてくれてありがとうございました」と涙を流しながらあいさつ。クランクイン直前、主役交代で急きょ受けた仕事だけに感慨もひとしおだった。

渡邊も「幸せがあふれていて本当に大好きな現場でした」と涙を浮かべながら今までの思いを語った。

最終話では、泉美(比嘉)が会社を辞め、交際を始めたばかりの光井(ディーン)にも別れを告げ、マンションを引き払って姿を消してしまう。一方、航(渡邊)は光井から泉美と別れたことを打ち明けられる。光井はすべてにおいて不甲斐ない自分を責める。実家に帰った泉美は“乙女ゲーム“への情熱も“推し”もいない今、何をすればいいのか分からない。そんなある日、泉美の前に突然光井が現れる…。


  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから