「韓国版ゲシュタポ」vs前検事総長が勃発 与野党陣営が泥試合 国内に衝撃、大統領選前に有力候補立件

29日、ソウル市内で記者会見する韓国の尹錫悦前検事総長(共同)
29日、ソウル市内で記者会見する韓国の尹錫悦前検事総長(共同)

 来年3月の韓国大統領選を前に、与野党陣営の血で血を洗う抗争が始まった。文在寅(ムン・ジェイン)政権下で設立された捜査機関、高位公職者犯罪捜査処(公捜処)が、野党「国民の力」の有力大統領候補、尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検事総長を立件した。これに対し尹氏側は、情報機関、国家情報院の朴智元(パク・チウォン)院長らを刑事告発するなど反撃に出るという泥仕合だ。

 尹氏は検事総長時代の昨年4月、尹氏に批判的な与党関係者を刑事告発するよう、側近検事が告発人名を空欄にした告発状を作成、野党側に渡したとして、職権乱用などの疑いがもたれている。

 尹氏は「国会に呼んでほしい。堂々と私の立場を話す」と疑惑を完全否定、野党側も「政治工作だ」と反発するが、野党候補の中で支持率が最も高い尹氏の立件は韓国国内に衝撃を与えている。

 龍谷大の李相哲教授は「文政権はかなり無理のある手段を使ってでも尹氏を大統領候補から引きずり下ろしたい。公捜処は勝てば官軍状態で、召喚や逮捕も考えているだろう」と指摘する。

 公捜処は政治家や検事など高位公職者やその家族を対象にする捜査機関で、今年1月に発足した。トップを大統領が指名するため、政権の意向が強く反映されるとの指摘もあり、野党側が「ゲシュタポ(国家秘密警察)」などとして反対していた。

 尹氏は逆に「(国家情報院の)朴氏らが虚偽の事実を暴露して、当選を防ごうとしている」として告発、反撃に出た。

 尹氏の疑惑を報道機関に伝えた情報提供者は、かつて朴氏と同じ政党で活動したことがあり、疑惑が報道される数週間前にも朴氏と面会したことが判明している。

 前出の李相哲氏は「尹氏が厳しい立場であることは間違いないが、事件を告発した女性は朴氏と親密な関係にあるとメディアで取り沙汰され、野党側は国家情報院が事件に介入していると指摘する。尹氏が事件に関与しているという証拠を示すことができず、事件をでっち上げたとボロを出す可能性も十分ある」との見方を示した。

 大統領選まであと半年足らずだが、今後も何が起こるか分からない。

zakzak

  1. キッチンで使える。電気がいらない生ごみ処理機「自然にカエルS」

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」