阪神・岩崎、金メダル査定と合わせて“バラ色”のオフへ 13試合連続無失点で絶好調!!

五輪後はいまだ無失点の好投を続ける岩崎=21日、バンテリンドーム
五輪後はいまだ無失点の好投を続ける岩崎=21日、バンテリンドーム

 阪神は21日の中日戦(バンテリンドーム)で土壇場9回に勝ち越し首位を死守。「8回の男」岩崎優投手(30)が13試合連続無失点で2勝目を挙げた。東京五輪の金メダルに続き、16年ぶりのリーグ優勝にも貢献すれば、チーム最高のバラ色査定が待っている。

 6回に同点とされる苦しい展開も、8回に4番手でマウンドに上がると涼しい顔で3人斬り。流れを呼び戻して、直後の勝ち越しにつなげた。

 球団関係者は「疲れが出ている投手陣の中で孤軍奮闘している。優勝すれば今季推定年俸9500万円からの大幅アップは間違いないし、金メダルに貢献した五輪査定が加われば、伸び率はチーム1位になるかもしれない」と賛辞を贈る。

 前半戦は失点する場面もあったが、五輪では登板3試合すべて無失点に抑えて自信を取り戻し、後半戦はいまだ失点ゼロの快投。ともに五輪に参加した同僚2人の後半戦とは対照的だ。青柳は5試合に先発し2勝1敗、防御率5.14と勢いを失い、正捕手の梅野も打率.218、1本塁打、9打点と打撃不振。金メダル査定が加算されても、後半戦の数字を落としては評価もトントンだ。

 タフネス左腕は抑えのスアレスとともに胴上げまで必勝リレーを続け、バラ色のオフを勝ち取れるだろうか。 (山戸英州)

zakzak

  1. キッチンで使える。電気がいらない生ごみ処理機「自然にカエルS」

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」